お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

宅間孝行



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

宅間 孝行(たくま たかゆき、1970年7月17日 - )は、日本の俳優、脚本家、演出家、映画監督。本名、同じ。旧ペンネーム、サタケ ミキオ

東京都出身。早稲田大学中退。劇団「東京セレソンデラックス」主宰を経て、演劇プロジェクト「TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)」主宰。所属事務所はテイクオフ。

血液型はB型。

来歴・人物

早稲田大学本庄高等学院卒業後早稲田大学を中退。

24歳の時に俳優養成所に入るが、ベテラン俳優ですらアルバイトをしなければ食べていけない現実を知り、それなら自分で劇団を作ってその看板役者になればいいと考え、1997年、武田秀臣とともに劇団『東京セレソン』を旗揚げ。主宰を務めると同時に座付作家、演出家、役者も兼ねる。

10年がんばっても芽が出なければきっぱり役者は辞めると決めていたが、自分で決めたタイムリミットまであと2年となっていた時、公演を見たテレビのプロデューサーから声がかかり、フジテレビ系昼ドラマ『貫太ですッ!』のサブレギュラーに起用され、共演した石倉三郎に俳優としての人生にお墨付きをもらう。

2008年には映画『同窓会』で監督デビューを果たす。

脚本家としてはサタケミキオ名義で活動していたが、2009年より脚本家・俳優・演出ともに「宅間孝行」名義に統一した。

2012年の解散まで劇団「東京セレソンデラックス」の主宰を務め、その後2013年より演劇プロジェクト「TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)」を主宰する。

私生活では、2006年11月に女優の大河内奈々子と結婚し、2008年9月に第1子となる男児が誕生したが、2012年5月7日に離婚した。

2018年12月31日、一般女性と再婚した。

出演

舞台(出演)

東京セレソン/東京セレソンデラックス公演

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。