CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 山本ひかる

山本ひかる

山本ひかる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山本 ひかる(やまもと ひかる、1991年2月28日 - )は、日本の女優、雀士(RMU所属)。本名同じ。大阪府出身。TWIN PLANET所属。

経歴

2005年、「お姫様」という言葉に惹かれて応募した、第1回「アミューズお姫様オーディション」において準グランプリを受賞。

2007年4月、『わたしたちの教科書』でテレビドラマデビュー。

2009年9月、特撮テレビドラマ『仮面ライダーW』のヒロイン鳴海亜樹子役に抜擢される。

2017年8月、YouTubeチャンネル「山本ひかるの麻雀教室」を開設し、麻雀初心者向けの動画を配信開始した。その後、チャンネル名を「山本ひかるの雀雀暇をもて遊ぶ」に改め、自身の私生活を配信するチャンネルとして再スタートする。

2018年6月、かねてからの麻雀好きが高じてプロ競技麻雀団体「RMU」の入会試験に挑み合格。団体アスリート生としてプロライセンスの取得をめざす(対外的にはプロ雀士と名乗っている)。12月には麻雀ウォッチ・シンデレラリーグに初出場し、プロ歴一年に満たないながらも初優勝を決めた。

2020年4月1日、所属事務所をアミューズからTWIN PLANETに移籍。

2020年5月、ファンと1対1でビデオ通話ができるライブトークアプリ「WithLIVE」に参入。2021年1月、ライブコミュニケーションアプリ「Pococha」にてライブ配信を開始し、ファンとの交流を深めている。

人物・エピソード

  • 趣味はコスプレ、アニメ鑑賞。
  • 特技は競技麻雀、バスケットボール、スノーボード、書道。
  • 中学生の頃はバスケ部に所属していた(高校では部活に所属していなかった)。
  • 好きなキャラクターはハローキティ。元々は母親がキティ好きだったが、自身は20歳くらいから可愛いと思い始めて、それ以来お気に入りのキャラクターとなっている。キティファッションが大好きで、洋服や靴・バッグにいたるまで全身キティコーディネートした姿をブログやツイッターに載せており、いくつになっても好きな服を着たいと語っている。
  • 視力が悪く、普段はコンタクトレンズや眼鏡を使用している。カラーコンタクトが大好きで、カラコンをしていない時の自分の顔は嫌いだが、カラコンをした時の自分の顔は可愛いので大好きだとブログで語っている。なお、ドラマや映画の撮影の時は目の表情がわからなくなるので透明のコンタクトレンズを使用している。
  • 童顔なため、デビュー作以降、しばらくは高校生の役柄を演じる事が多かった。
  • パソコンや機械系に強く、空気を読まないところがあるため、『科捜研の女』で自らが演じている涌田亜美は自分に近いと語っている。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。