お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

高木尋士



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高木尋士(たかき ひろし、1967年6月2日 - )は、日本の劇作家、作曲家。劇団再生代表。山口県生まれ。

来歴

  • 1985年 - 上京。専門学校ESPギター製作学院卒。
  • 1986年 - 「劇団太郎」を結成。その後、音響家、作曲家、劇作家として演劇に携わる。
  • 1997年 - 「アプラオス」の設立に参加。
  • 2001年 - 「エゴイスティック・サロン」旗揚げに参加。
  • 2006年 - 「劇団再生」結成に参加。
  • 作品

    脚本

    劇団太郎

    • ジョーカーの孤独(1987年)
    • 熱風の戦術(1988年)

    アプラオス

    • 罪と罰と死と乙女(1997年)
    • 風のふく夜(1998年)
    • 訪れるもの(2000年)
    • 戦闘、開始(2001年) - 日本劇作家協会新人戯曲賞一次選考通過作品
    • 天切り松、闇がたり(2001年、エゴイスティック・サロン) - 浅田次郎原作
    • 誘惑の夜〜タナトス〜(2002年)
    • IZOBEL PLAY(原作:マーク・トウェイン)(2002年、エゴイスティック・サロン)

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。