CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 鈴々舎馬るこ

鈴々舎馬るこ

鈴々舎馬るこ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴々舎 馬るこ(れいれいしゃ まるこ、1980年8月4日 - )は、落語協会所属の落語家、リングアナウンサー。紋?鈴。本名?松友 宏士

来歴

山口県防府市出身。山口県立防府高等学校卒業。大正大学文学部中退。大学時代にお笑い芸人を目指し、コンビを組んだりピン芸人として修行したりしていたが、大学を中退した直後に所属事務所がいきなり解散してしまい、そこで落語家を目指すことを思い立ったという。

2003年5月、五代目鈴々舎馬風に入門。 6月1日、「馬るこ」と命名され前座となる。

2006年5月、二ツ目に昇進する。2010年3月、第9回さがみはら若手落語家選手権で優勝。2012年、第6回落語一番勝負若手落語家選手権で優勝。2013年10月、第28回NHK新人演芸大賞で落語部門大賞を受賞。

2003年に同期入門の、古今亭文菊・柳家小八・三遊亭ときん・桂三木助・柳亭こみち・古今亭志ん五・古今亭駒治・柳家小平太・柳家勧之助ら10人でユニット「TEN」として活動する。

2016年から、フジロック会場「ところ天国」で落語を演ずる。

2017年3月、林家ひろ木、春風亭三朝、小八(ろべえ改め)、ときん(時松改め)とともに真打に昇進した。

2021年12月、ご当地落語「芦ノ牧温泉」に参加。現地滞在4日間で、新作落語『バルブ職人』、『贋金の村』の2席を創作し、自らが演じた。『バルブ職人』は作家賞を受賞。『贋金の村』は、当初「贋金」として発表されたが、戦時中の禁演落語53種に数えられた古典落語「にせ金」とタイトルがかぶることに気づき、表題が変更された。

人物

高座が狭く感じるほどの巨体が特徴で、「馬るこ」の名は入門当時の馬るこの家庭の事情を知る馬風の妻が『母を訪ねて三千里』の主人公マルコから着想した。

古典を多く手掛けるがいずれも自分なりのアレンジを加えることが多く、改作派として知られる。

妹弟子である鈴々舎美馬みーまは馬るこが策伝大賞でスカウトし自分の弟子にしようとしたが、妻から「女の弟子はダメだ」と言われ、自身の師匠である馬風に相談したところ引き取ってもらえる事になった。

出囃子にUWFのメインテーマを使用するほどのプロレスファン。中学生時代に新日本プロレスの中継を見始めたことがきっかけで、UWF(ここではUWFインターナショナル)については当時テレビ中継がほとんど無かったため雑誌で試合結果を知る程度だったが、新日本・UWF交流戦で初めてUWFのテーマを聞き心を奪われたという。2020年時点では飯伏幸太や新日本のジュニア戦線を見ることが多い。

メディア

TV・ラジオ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。