お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小野大輔



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小野 大輔(おの だいすけ、1978年5月4日 - )は、日本の男性声優、歌手、ナレーター。現在はフリー。

代表作に『涼宮ハルヒの憂鬱』(古泉一樹)、『黒執事』(セバスチャン・ミカエリス)、『glee/グリー』(フィン・ハドソン)、『宇宙戦艦ヤマト2199』(古代進)、『ジョジョの奇妙な冒険』(空条承太郎)、『おそ松さん』(松野十四松)、『斉木楠雄のΨ難』(燃堂力)、『デュラララ!!』シリーズ(平和島静雄) などがある。

来歴

日本大学芸術学部放送学科、青二塾日曜クラス卒。大学では当初テレビ番組制作を学んでいたが、大所帯へのディレクションがうまく行かず挫折。その後ラジオ番組制作に転向し、ラジオドラマ制作中にスタッフ不足で出演者側となった事が声優を目指すきっかけとなった。デビュー当初は吹き替えでの活動を主としていた。2007年よりミニアルバム「ひねもす」で本人名義での音楽活動を開始。2008年より毎年末に開催される「Original Entertainment Paradise“おれパラ”」ではホストの一人として、そしてリーダーとしてライブを披露している。他のホストは森久保祥太郎、鈴村健一、寺島拓篤。

2008年、第2回声優アワードサブキャラクター男優賞(助演男優賞)受賞。2010年、第4回声優アワード主演男優賞受賞。2011年、アニメージュ第33回アニメグランプリ声優部門にてグランプリを受賞。

2015年、第9回声優アワード主演男優賞とパーソナリティ賞を受賞、第1回アニラジアワードにて自身がパーソナリティを務めた、TVアニメ『ばらかもん』Webラジオ「らじかもん」が、BEST COMFORT RADIO 癒しラジオ賞を受賞、東京アニメアワードフェスティバル2015「アニメオブザイヤー部門」にて声優賞を受賞。

2016年2月からは長年所属したマウスプロモーションを退所、フリーでの活動を開始した。ファンレターの宛先は文化放送エクステンドが窓口となっている。

人物

獣医の兄が1人いる。実家はおの家具店。モットーは「期待は裏切る。予想は超える。」 を挙げていたが、最近は坂本龍馬の「世に生を得るは事をなすにあり」。

大学生の頃、みうらじゅん『仏像ロック』を見て、仏像やそれを造る仏師、寺社が好きとなった。ラジオ『小野大輔のGIGらNight!』では「今週の仏陀」というコーナーを持っていた。仏像展によく出かけ、2017年の『運慶展』(東京国立博物館)では音声ガイドなどを務めた。

近藤孝行は「リア友」と称する仲の良さで、2人で1日中、神社仏閣巡りをするなどしている。仏教をテーマとした漫画『ナヴァグラハ -DefenD 9 Triggers-』(『月刊少年シリウス』にて連載)では近藤と共に原作者を務めている。人気ラジオ番組・超A&G+『小野大輔・近藤孝行の夢冒険〜Dragon&Tiger』から誕生したダンスボーカルユニット D.A.T(ダット)としても活動。

鈴村健一とも比較的仲が良く、吉野家に一時期行っていた。

芸術ではシュルレアリスムを好み、自身の音楽作品のモチーフとしてマグリットのほかエッシャーやミュシャを扱ったことがある。好きな漫画は『美味しんぼ』や『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズなど。

スポーツではサッカー好きで、アルゼンチン代表を応援しており、フアン・セバスティアン・ベロンの大ファン。ホラー映画など恐怖ものは苦手な方。

出身地である高知県佐川町の成人式での講演や、文化庁・高知県教育委員会主催「全国読書フェスティバルin香南」で朗読を行うなど、故郷に馴染みが深い。2010年4月から高知県観光特使に任命されている。また、2017年9月23日には佐川町初の佐川町観光大使に任命された。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。