お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

梶トマト



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

梶 トマト(かじ トマト、1987年1月19日 - )は、日本のプロレスラー。

経歴

Hi69に憧れてKAIENTI DOJOに入門。2006年5月のGWSP7においてデビューをかけてTAKAみちのくとエキシビジョンマッチで戦うも連日敗退によりデビューを延期させられたが、7月17日に十嶋くにおを相手にデビュー戦。当初のリングネームは梶ヤマト

所属リーグは未定であったが正式にGET所属となった。12月31日に開催されたインディーサミットに出場し他団体の若手レスラーと対戦した。

2008年に開催されたKAIENTAI DOJOという名のタッグリーグ戦'08に房総ボーイ雷斗と組んでエントリーを切っ掛けに、自ら「フレッシュ&スマイル!弾ける笑顔の梶ヤマトで〜す♪」のフレーズでフレッシュキャラに変身。

2008年3月26日には自ら発案した若手主催興行CLUB-K FRESHを開催。

2009年5月に開催されたGWSP6ではΩ入りを志願してザ・グレート・サスケ、MEN'Sテイオー等他団体勢を相手に六連戦を行った。結果は負け越しながら、その熱意に稲松三郎がΩ入りを許可。しかしこれを拒否してモンスター・プラント入りを果たす。ここから稲松三郎との因縁が勃発。

8月にモンスター・プラントを追放される。

9月にSEPTEMBER SPECIAL5で開催されたKAIENTAI DOJO最弱決定戦NOT STRONGEST-K決勝戦にて、後輩の関根龍一に敗退。KAIENTAI DOJO最弱の称号と共に罰ゲームとしてリングネームを梶トマトに変更することとなる。

しかし改名後、何か吹っ切れたのかブレイクを果たし、勢いに乗って2010年1月11日に忍からUWA世界ミドル級王座を奪取。同年5月には滝澤大志とのコンビ「滝トマ」としてSTRONGEST-K TAG王座を奪取することに成功した。

2012年5月、世界プロレス協会結成に参加。

2013年7月、プロレスリング・ノアに参戦しスペル・クレイジーとダンスの共演もした。

2014年、全日本プロレスのJr. BATTLE OF GLORYに初参戦。その後も参戦。

また同年より自身がリーダーを務めるSFUを結成する。

2015年、プロレスリング・ノアの日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦にSFUの旭志織と参戦。

2016年5月7日、青木篤志の持つ世界ジュニアヘビー級王座に挑戦したが敗れる。

6月19日、KAIENTAI DOJO SUPER J-CUP2016予選1DAYトーナメント1回戦で十嶋くにおと対決し、スピードで破り、準決勝で同じユニットの旭志織にレッドアイで勝利をつかむ。決勝で吉田綾斗と対決。激闘の末レッドアイで勝ちSUPER J-CUP出場権を獲得する。

7月20日、 SUPER J-CUP2016本戦の1回戦でマット・サイダルに敗退。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
自由席:3,000円+さらに300Pゲット!
(全席指定・税込)
2018年12月16日 (日)
千葉・ホテル浪川荘
体育館
販売終了