CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 井上小百合

井上小百合

井上小百合



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

井上 小百合(いのうえ さゆり、1994年〈平成6年〉12月14日 - )は、日本の女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーである。埼玉県本庄市出身。身長156 cm。血液型はB型。シス・カンパニー所属。愛称は、さゆにゃん

来歴

1994年(平成6年)12月14日、埼玉県本庄市で生まれる。誕生時、種の蒔かれていない庭の片隅に小さな百合の花が咲いていたことから、父親が「小百合」と名づけた。5人兄妹で、兄が3人、

小学生の頃、吹奏楽部に入部していたが、1年だけパソコン部に入部し、パソコンを始める。しかし、中学生の頃にその影響で視力が低下したため、親にパソコンを取り上げられインターネットも禁止される。身体が弱く、入退院を繰り返しているうちに病室でラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)を聴くようになる。中学3年生の時、その番組とロッテのトッポが受験生を応援するコラボ企画『Toppa4』のモデルオーディション開催を知り、応募する。オーディションに合格後、6組9名のうち1組1名に選ばれ「大丈夫。一緒にがんばろ」というコメントと共に『Toppa4』のパッケージに出演した。

中学校を卒業後、親にパソコンを取り上げられた執念から普通科の高等学校ではなく、パソコンを操作できる高等学校へ進学する。進学後、音楽の視野を広げるため、小学生の頃から続けていた吹奏楽部以外に関心を向けて軽音楽部を兼部、吹奏楽部ではテナーサックス、軽音楽部ではボーカルを担当した。

高校2年生の時、『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜2011』(日本テレビ)に全12回放送中第1回から第10回まで出演し、日テレジェニック2011候補生としてベスト妹賞を受賞。その後、それまで入退院を繰り返していた経験から、人を笑顔にする仕事に憧れ、福祉職を勤めていた親の影響もあって、福祉系大学へ進学するための受験勉強をしていたが、夏に雑誌で乃木坂46の1期生オーディションを知り、応募した。

2011年(平成23年)8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではAKB48の「自分らしさ」を歌った。合格後、乃木坂46のレッスン場が埼玉県の自宅から遠くて通い続けるのが困難だったため、転校とともに上京し、16歳で親元を離れ、一人暮らしを始めた。同年11月13日、乃木坂46公式ブログを開始した。

2012年(平成24年)2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした。

2013年(平成25年)3月、高等学校を卒業。同年10月、乃木坂46の7thシングル「バレッタ」の選抜発表で初の選抜落ちが発表された。

2014年(平成26年)6月、『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇。同年10月8日、乃木坂46の10thシングル「何度目の青空か?」のカップリング曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」で初のセンターを務めた。

2015年(平成27年)1月1日、『CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2014→2015』で乃木坂46の10thシングル「何度目の青空か?」を披露する際、生田絵梨花に代わって表題曲のセンターを初担当。同年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた。同年9月、休暇中に農家の畑を耕す農業ボランティアに参加。同年10月、舞台『すべての犬は天国へ行く』で余所者のエルザ役を担ったことで演者と観客の両方の視点を養い、それまでアイドルはアイドルと線引きし、役割葛藤していた自身を見直すようになった。

2017年(平成29年)9月3日、埼玉県本庄市の本庄市広報観光大使および初代はにぽんアンバサダーへ同時就任。同年9月4日、『乃木坂工事中』(テレビ愛知)の番組中、乃木坂46の19thシングル『いつかできるから今日できる』で伊藤万理華とともに初めて福神を務めることが発表された。同年10月1日、渡辺みり愛に代わって乃木坂46の冠番組『乃木坂46の「の」』(文化放送)の第12代MCに就任。同年12月3日、乃木坂46からの卒業を発表した中元日芽香に代わって『らじらー! サンデー』の2代目アシスタントMCに就任した。

2018年(平成30年)12月12日、初のソロ写真集『存在』(光文社)を発売、写真集は週間推定売上3万3086部を記録し、同年12月24日付のオリコン週間ランキングの写真集部門で1位、BOOK部門で4位を獲得、「スイスで写真集を撮りたい」という願望がかなった。

2019年(平成31年 / 令和元年)2月10日、『らじらー!サンデー』のエンディングで同番組のアシスタントMCを卒業することを発表。同年10月5日、乃木坂46の公式ブログでグループからの卒業を発表した。

2020年(令和2年)3月13日から4月1日まで上演する出演舞台『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』までは乃木坂46として活動するとしていた。同年3月24日、卒業日が4月27日に決定したことを報告。『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』の公演は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて初日が同年3月20日となり、27日の公演を最後に中止、4月11日からの全国公演も中止となった。同年5月1日、芸能事務所シス・カンパニーに移籍。同年7月6日、井上小百合公式YouTubeチャンネルを開設。

2022年(令和4年)6月11日にYouTubeチャンネルにて扁桃腺手術をしたことを公開。

人物

愛称は、さゆ、さゆにゃん。「さゆにゃん」の愛称は永島聖羅が名づけたが、井上は「さゆ」がよいとも考えている。理由は「さゆにゃん」の愛称では説明しきれない自己が芽生えたからである。子どもの頃は頬が赤くパンパンで「さゆりんご」と呼ばれ、からかわれていた。オリエンタルラジオからは「しゃゆ」と呼ばれている。キャッチフレーズは「あなたのハートをくださゆにゃん」。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。