お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

松村みね子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

片山 広子(片山 廣子、かたやま ひろこ、1878年(明治11年)2月10日 - 1957年(昭和32年)3月19日)は、日本の歌人、随筆家、アイルランド文学翻訳家(松村みね子名義)。

生涯

外交官・吉田二郎の長女として東京麻布で生まれる。妹は次子、弟は精一と東作。東洋英和女学校卒。佐佐木信綱に師事して歌人として活動。

また、松村みね子の筆名で、ジョン・ミリントン・シング、レディー・グレゴリー、W・B・イェーツ等のアイルランド文学を中心に翻訳も行う。

芥川龍之介晩年の作品『或阿呆の一生』の37章で「才力の上にも格闘できる女性」と書かれ、『相聞』で「君」と歌われたのは片山広子の事だと言われている。堀辰雄の『聖家族』の「細木夫人」、『菜穂子』の「三村夫人」のモデルとも言われている。

晩年の随筆集『燈火節』で、1954年度日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。

家族

夫・片山貞治郎 大蔵省勤務後、日本銀行理事
1871生- 1920年(大正9年)3月14日没。
1899年(明治32年)に広子と結婚。50歳で死去。
息子・片山達吉(筆名:吉村鉄太郎) 文芸評論家
1900年(明治33年)6月20日生- 1945年(昭和20年)3月24日没。
東大法科卒業後、川崎第百銀行に就職。堀辰雄・神西清・川端康成らと、「文學」の創刊に参加。「文學」の発行元の第一書房の立て直しに奔走していた1945年(昭和20年)、馬込文学圏の自宅(南馬込4丁目)で心臓病で倒れ、45歳で急逝。
娘・総子(筆名:宗瑛、井本しげ) 小説家
1907年(明治40年)8月2日生 - 1982年(昭和57年)10月没。
兄にしたがって1928年(昭和3年)、「山繭」4月号に『胡生の出発』を掲載。1929年(昭和4年)、「文學」11月号に堀辰雄の推賞を受け『プロテウスの倒影』を掲載後、5年間執筆活動する。商工省官僚・アイヌ語地名研究家の山田秀三と結婚後に筆を折った。75歳で死去。
堀辰雄の『聖家族』の絹子、『菜穂子』の菜穂子のモデルとなった人物。

著書

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。