CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 川島ケイジ

川島ケイジ

川島ケイジ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

川島ケイジ(かわしま けいじ、9月28日 - )は、日本のシンガーソングライター。和歌山県出身。身長181cm。所属事務所は株式会社ヒルストン・エンタープライズ。所属レーベルはユニバーサルミュージック。本名は川島敬治(かわしま けいじ)。


略歴

学生時代に大阪で3人組ロックバンド「7th」を結成。解散後、単身上京し、音楽ユニット ka.lei.do.scope での活動を経て、ソロ活動を開始。
2011年12月からFM静岡 k-mixにて、レギュラー番組「川島敬治 さあ僕の明日はこっちだ」を担当(〜2014年12月)。

2012年、ラジオ番組「Chageの音道」にゲスト出演したことからChageとの交流が始まり、2015年1月にはChage fes 2015〜音ふれあうも多生の縁〜@豊洲PITにインディーズながら出演を果たし、スガシカオ、chayらと共に約2000人の観客を湧かせた。

2015年10月にテレビ東京系「THEカラオケ★バトル」に初出演。圧倒的な表現力と包み込むような歌声が注目を集め、検索ワード急上昇ランキング3位を記録するなど話題となる。この時に披露した「Woman "Wの悲劇"より」が、日本レコード協会会長、ユニバーサルミュージック会長などを歴任した昭和の日本最大のプロデューサーと言われる石坂敬一の目にとまり、メジャーデビューへと繋がっていく。

2016年8月31日、ユニバーサルミュージックジャパンより1stミニアルバム『KEIJI』でメジャーデビュー。同アルバムの収録曲「夏の終りのハーモニー」ではChageがデュエットで参加している。

2017年には、フジテレビ「MUSIC FAIR」出演、「Chage Hall Tour 2017」全国10か所へのゲスト出演、サントリーホールブルーローズでのワンマンコンサート開催など、飛躍的に活躍の場を広げていく。また、高野山金剛峰寺奉納コンサートを皮切りに、富岡製糸場、神戸北野異人館 うろこの家、熊野本宮大社奉納コンサートなど歴史的建造物(太字は世界遺産)を舞台にした音楽活動にも注力している。
2017年12月、出身地である和歌山県みなべ町からの委嘱を受け「みなべ町ふるさと大使」に就任。自身が作詞作曲した「僕らが生まれた梅の町」は、みなべ町の公認ソングとして認定され、自治体のホームページでも紹介されている。2020年04月には「高野山・熊野を愛する100人の会」のメンバーに加わるなど、音楽を通じて地域貢献にも寄与している。

2018年(無錫・上海)、2019年(無錫・蘇州・上海)と2年連続で中国での単独ライブツアーを開催。2019年11月、全世界にインターネット中継された「WEIBO Account Festival in Japan 2019」授賞式の最後に「リバーサイドホテル」を歌唱披露。その歌声が多くの人を魅了し、WEIBOのフォロワー数が一気に30万を越えるなど、国内外から熱い注目を集めた。2021年2月「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」では、これらの目覚ましい活躍が認められ、2020年男性グッドシンガー賞を授賞した。

2020年のコロナ禍において予定されていたコンサートの延期・中止が相次ぐ中、プロミュージシャンに特化したライブ配信サイト「mahocast(マホキャスト)」による配信をいち早く取り入れ、同年3月より毎月継続して無観客での生配信ライブ(一部、有観客での同時生配信)を開催している。また、同年10月には新曲『シロヨヒラ』を配信シングルとしてリリース。初日のオリコンミュージックストア・総合シングルダウンロードランキングでは、劇場アニメ『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌を抑えて1位を獲得した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。