お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

青木英美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

青木 英美(あおき ひでみ、1953年1月31日 - )は、日本の女優・モデル。東京都新宿区出身。ネポエット所属。

来歴・人物

新宿育ち。中学校では体操部に所属し床運動が得意であった。また、ウォーカー・ブラザースとザ・ビートルズに熱中する学生時代だった。1969年、16歳の時にミス・ヤング・インターナショナル世界大会に出場し準ミスに選出された事を機に、東宝テレビ部に所属。カネボウハリス『チューイングBON』コマーシャルに出演。その後は主に1970年代、東宝が制作する映画やテレビドラマを中心に多数出演するようになった。『金メダルへのターン!』『飛び出せ!青春』を筆頭に学園ドラマでの女生徒役が多い。この時期の雑誌インタビューでの理想の男性像は?という質問には「スティーブ・マックイーンのような人」と答えている。

一躍広い人気を得たのは、1972年に出演した村野武範主演のテレビドラマ『飛び出せ!青春』で森下真樹というセクシーな女生徒役を演じ、大田黒久美が演じた生真面目で清楚な生田みどりとは対照的な役柄となっており、視聴者の間で真樹派・生田派と人気を二分した。その続編的な作品である1974年の中村雅俊主演『われら青春!』にも引き続き森下真樹役として出演したほどで、青木の代表的な役となった。また、1973年7月から1年間『太陽にほえろ!』にレギュラー出演。ジーパン刑事(松田優作)の初登場と同じ日に七曲署捜査第一係の初代内勤員(お茶くみも担当)としてレギュラー出演開始、早速ゴリさん(竜雷太)や長さん(下川辰平)、そしてボス(石原裕次郎)までがその脚線美に思わず見とれてしまうシーンが描かれるなど、事件多発の七曲署の癒し系的存在となった。

1974年4月号の月刊プレイボーイ誌には青木邑子名義でグラビアに登場している。同年9月放映分で太陽にほえろ!出演を終えると(この際に演じていた"永井久美"が七曲署を去る描写や告知は一切なく番組を降板)、芸能活動当初から女優業よりもファッションモデルに強い関心を持っていたことから本場のファッションに触れたい希望があり、日本での芸能活動を休止して単身パリへ渡欧。約1年パリに居住した。007シリーズを指揮したイギリス人映画監督ルイス・ギルバートが日本を舞台に制作する映画「SEVEN NIGHTS IN JAPAN」のオーデションを受けるとヒロイン役に抜擢され、英語でのセリフ習得や語学勉強のため生活拠点をロンドンに移し、約4年ヨーロッパで生活した。帰国後、日本での女優業を一時再会したが、その頃を境に女優活動から再引退状態となりモデル業へ。1982年に結婚、一児をもうける。2000年代に入り女性誌『ミセス』『ミマン』『着物サロン』のモデルなどの活動を再開。CMや舞台、テレビドラマ、CS「ショップチャンネル」にも出演。

2007年からは、青春学園シリーズ(日本テレビ・東宝製作)でも共演した旧知の赤塚真人が座長を務める「劇団裏長屋マンションズ」にも参加。小劇場の舞台でも活動している。

2011年に発生した東日本大震災による甚大な津波被害を受けた宮城県女川町が、かつて『われら青春!』で共演した中村雅俊の故郷だったことから、同作品の共演者・スタッフを中心としたボランティア団体「われら青春! 女川復興支援隊」を結成し、代表を務めている。

出演

テレビドラマ

  • あいつの季節(1969年、日活・TBS) - レギュラー出演・ユミ 役
  • 金メダルへのターン!(1970年 - 1971年、東宝・CX) - レギュラー出演・速水理恵 役
  • レモンの天使(1971年、東宝・CX)
  • おらんだ左近事件帖(1971年、東宝・CX) - 第3話「尼になった姉妹」お葉 役
  • 飛び出せ!青春(1972年 - 1973年、東宝・NTV) - レギュラー出演・森下真樹 役
  • 泣くな青春(1972年、東宝・CX) - 16話「断絶のブルース」田島ゆきこ 役
  • 決めろ!フィニッシュ(1972年、東宝・TBS) - 18話「明日への旅立ち」三田ようこ 役
  • 家族戦争(1973年、毎日放送)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。