お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

水沢有美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

水沢 有美(みずさわ ゆみ、1951年9月8日 - )は、日本の歌手、女優、声優。本名(旧姓)、小沢 有美。父親は、作家・作詞家の小沢不二夫。

東京都出身。東邦音楽大学附属東邦高等学校卒業。エヌ・エー・シー、東京俳優生活協同組合を経て、水沢有美事務所(提携=株式会社クイーンズカンパニーおよびコントロールプロダクション)所属。

来歴・人物

6歳の時に初舞台。その後、テレビドラマ『ロック物語』にレギュラー出演。この時期、あるテレビ番組に出演した際、水沢 有美と誤表記され、以後芸名として使用するようになる。

東宝ニュータレント第5期生、同期に前田美波里、豊浦美子らがいた。歌手志望だったが、1966年にテレビドラマ『青春とはなんだ』の高校生役として本格的に女優デビュー。以降、日本テレビ系列で放送された『青春ド真中!』までの青春シリーズには、常連として出演し続けた。とくに1975年の『俺たちの旅』では、主演のカースケ(中村雅俊)、オメダ(田中健)、グズ六(秋野太作)らが住むアパートたちばな荘の大家・坂田大伍郎(名古屋章)の娘でいろは食堂の看板娘・奈美役で人気を博した。

また、1966年10月、西郷輝彦とのデュエット曲「兄妹の星」で念願の歌手デビューをはたす。同曲はレコード70万枚の売り上げを記録するヒット曲となる。1973年には、ヤマハ主催の第5回ポピュラーソングコンテスト東京大会で知り合った古家杏子(ふるや杏)とのユニット「乙女座」を組みパーカションとピアノによるデュエットグループとして活動。1975年に事務所の閉鎖で活動休止するが、2005年12月の水沢有美デビュー40周年記念ライブを機に再結成し、現在も不定期だが乙女座としてのライブ活動をおこなっている。2013年9月には乙女座結成40周年記念ライブを行った。アメリカ滞在(1988年頃から約10年)もあり空白期間はあったが、帰国後も女優、声優、歌手として、またNHKテレビの英語講座の出演者やカルチャー・スクールでの英語の講師など幅広い活動をおこなっている。

日舞坂東流名取。日本泳法有段者。石寒太主宰の俳誌「炎環」同人。俳号は水沢水音(みおん)であり、2013年10月の巻頭句に選ばれている。2016年11月に東久邇宮文化褒賞を受賞。

夫の音楽プロデューサー・有賀恒夫(トニー有賀)との間に2児あり。

特技はピアノ、日本舞踊、三味線。

出演

テレビドラマ

  • ロック物語(1963年、NET) - みどり(最終シリーズレギュラー)
  • 青春とはなんだ(1965年 - 1966年、NTV) - 小沢祐子(第18話から)
  • これが青春だ(1966年 - 1967年、NTV) - 秋山道子(第19話まで)
  • でっかい青春(1968年、NTV) - 柳田春江
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。