お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ほたて



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ホタテガイ帆立貝、学名:Mizuhopecten yessoensis)は、二枚貝綱- 翼形亜綱- イタヤガイ科のMizuhopecten 属に分類される軟体動物の一種(1種)。通称、ホタテ(帆立)。寒冷海洋性

食用としても重要な貝類の一つ。

呼称

学名

開国を要求するために日本に来航したマシュー・ペリー率いるアメリカ東インド艦隊(黒船)が1854年に函館湾で採取したサンプルを、 J. Jay が1856年に発表し、学名をMizuhopecten yessoensis と命名した。

諸言語名

日本語名

日本語では、標準和名「ホタテガイ」の元となっている帆立貝が古くから呼称としてあり、これは、約10〜15cmぐらいの貝殻の一片を帆のように開いて立て、帆掛舟(ほかけぶね。cf. 帆船)さながらに風を受けて海中あるいは海上を移動するという俗説に由来し『和漢三才図会』においても記載が見られる。俗語的略称として、「貝」を省略した帆立ほたてホタテ)の名でも呼ばれることも多く、「ほたて○○」「ホタテ○○」「○○ほたて」「○○ホタテ」といった連結語的用法も目立つ(用例:ほたてウロ、ほたてタイル、ホタテマン)。

その他、板屋貝や、殻の形からそれを扇に見立てた海扇(うみおうぎ)との雅称もある。また、武家・久保田佐竹氏(久保田藩は「秋田藩」とも言う)の家紋に似ていることから秋田貝(あきたがい)とも呼ばれる。まれに車渠とよばれることもある。

なお、日本に限っては、この貝から取れる主たる食材が貝柱であることから、代名詞的用法をもって貝柱と俗称されることがある。

中国語名

中国語では、ホタテガイ類を扇に見立てて「扇貝(簡体字:扇?)」と言う。ただし、Mizuhopecten yessoensis を特定する呼称は確認できない。

英語名

英語では scallop (イタヤガイ類)の一種である Mizuhopecten yessoensisJapanese scallop と呼ぶ。また、日本で「ホタテガイ(帆立貝)」と翻訳されることも多い scallop は生物学的には「イタヤガイ類」(おおよそ、イタヤガイ科)であって、その一種である「ホタテガイ」とは異なる。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。