CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > NOKKO

NOKKO

NOKKO



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

NOKKO(のっこ、1963年11月4日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名:保土田 信子(旧姓:山田)。ロックバンド「レベッカ (REBECCA) 」のボーカルを務める。埼玉県浦和市(現:さいたま市桜区)出身。血液型A型。2021年時点では静岡県熱海市在住。

所属事務所はワタナベエンターテインメント。

経歴

埼玉県浦和市(現:さいたま市桜区)出身。名前の信子は生まれ月が11月(November)であることから、祖母により命名された。

小学1年生の頃から10年間クラシックバレエを習い、バレリーナを目指していたが、体型の変化や経済的な理由により断念。目標を失っていた時、兄(山田貢司)に誘われ、アマチュアバンドのキーボード担当として音楽活動を始める。その後、ボーカルに転向して「DOLL」というガールズバンドを結成。高校を卒業した1982年の春、レベッカの結成に加わる。

1984年、レベッカ (REBECCA)のボーカルとしてシングル「ウェラム・ボートクラブ」でデビュー。

1985年、4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒットし、同年発売のオリジナルアルバム「REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜」が当時のロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーを記録し、その後も「RASPBERRY DREAM」「MOON」などをヒットさせる。1987年には、日本ゴールドディスク大賞の最高位である“The Grand-Prix Artist Of The Year”を受賞。名実共に1980年代を代表するバンドとなる。

1989年には映画「スウィートホーム」にて女優業にも挑戦。

レベッカ解散後の1992年からはソロシンガーとして活動を開始。同年から1993年にかけて海外進出も果たし、「I Will Catch U」が全米ビルボードのダンスチャートで11位を記録。

1994年3月には代表曲となる筒美京平作曲による「人魚」を発表。フジテレビ系TVドラマ「ボクたちのドラマシリーズ・時をかける少女」のエンディング・テーマに、カップリング曲の「CRYING ON MONDAY」は、同じくフジテレビ系バラエティ「ウゴウゴルーガ」"はじめのうた" にそれぞれ使用された。自身最高セールス(最高位2位)65万枚を獲得し、その年のFNS歌謡祭にも出演した。その後も安室奈美恵、柴咲コウ、岩崎宏美、JUJU、LiSAらがカバーするなど今もなお歌い継がれる名曲となった。2000年までに16枚のシングルをリリースし「ライブがはねたら」「Natural」などの楽曲を発表。「のっこ」名義での楽曲もある。

2000年にソロ活動を休止したのち、夫のGOH HOTODA(保土田 剛)と「NOKKO & GO」を結成。静岡県熱海市で子育てをしながら、 2009年12月「FNS歌謡祭」に出演、フレンズを熱唱し歌手活動を再開した。

2010年1月、デビュー25周年を記念したカバーアルバム「KISS」をリリースし、iTunes Storeのアルバムチャートでは1位を獲得した。

2012年11月、NOKKO初となるクリスマスアルバム「The Christmas Songs」を発表。

2013年、14年ぶりのオリジナルアルバム発表、2015年レベッカの再結成、2018年ソロでのフルオーケストラ公演など精力的に音楽活動を続けている。

2016年4月よりワタナベエンターテインメント所属となる。

2019年10月よりレギュラーラジオ「NOKKOのオカエリ ?ただいま。」(ニッポン放送)がオンエア中。

2020年9月、『NOKKO ONLINE SHOW 〜LIVE LOVERS〜廃墟の夜』Billboard Live TOKYOにて、NOKKO初となる配信ライブを無観客で開催した。

2021年5月から熱海のNOKKOの自宅に集ったミュージシャン達との貴重な音楽セッション&トーク映像を収録した、オンデマンド配信企画「Ouchi Concert 」がStreaming+にて配信された。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。