お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

平野ノラ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

平野 ノラ(ひらの ノラ、1978年10月20日 - )は、日本の女性お笑いタレント。本名、平野 千秋(ひらの ちあき)。ワタナベエンターテインメント所属。

東京都葛飾区出身。

来歴

芸人デビュー前

不動産会社に勤めていた父はかつて仕事と遊びを思い切りやって土地を転がすバブリーな生活をしており、これは後の平野の芸風と決して無関係ではない。

小学3年生の時に、ママさんバレーをしていた母親の影響で、バレーボールを始め、東京都葛飾区のチーム『東金町ビーバーズ』に選手として所属。以後も選手を続け、中学校もバレーボールの強豪校・葛飾区立金町中学校へ、高校もバレーボール推薦で修徳高校に進学。チームで中・高9年間キャプテンを務め、関東大会で2位になった他、全国大会と東京新聞杯で優勝を経験。この時に涙を流す平野の姿がアップでテレビに映ったことがある。「今芸人としてやっていく上で大切な精神力が、厳しい練習環境で揉まれていくうちに培われた」とも言う。

子供の頃から目立ちたがりで独りよがりな性格であった。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)で観た高田純次のファンである。また、『アニー』を観てミュージカルにも傾倒し、学校の文化祭で自ら脚本・主演で『アニー』を上演したことがあった。

高校卒業後はミュージカル女優を目指すも、ダンスの学校に通っていたこともあった。友人が主宰する劇団の公演に出演することがあり稽古の時にセリフの掛け合いで、面白さを狙って自分なりにアレンジして演じたところ「台本どおりにやれ」と怒られる。この時に「集団でやるのは私には向いてない。自分は笑いを求めているし、笑いを取るのが一番嬉しい。」と感じてお笑いを始めるきっかけになったという。

その後、最初はコンビを組む目的で東京・渋谷の『シアターD』で観たライブをきっかけに親しくなったオキシジェンに相談しつつ、雑誌で募集をかけたり、公園のストリートライブなど様々な場所で相方を探したが結局見つからなかった。一人でやって行くことを決めワタナベエンターテインメント開催のライブ『STEP! STEP! STEP!』のオーディションを受けに行くも本人曰く「全くウケず、才能がないし無理だな。」と思い、お笑いから退いて一時OLとして勤務することになった。他にもフリーター、ラーメン店の仕事も経験していた。この時は「負けたから去る」というバレーボールをしていた小学生時代に培われた男気質で頑固な考えから、簡単に「またお笑いに戻ろう」という考えにはなれなかったと言う。一方で売れている芸人の苦節や下積みを知っていたらその考えは違っていたのかも知れない、とも話している。

しばらく社会人として普通に暮らしていたが、目標などやりたいことがなくなっていき、人生に挫折を感じるようになったという。かつてネタ見せの時に「芸人に向いていない」と激しくダメ出しされてお笑いの道を諦めたトラウマから、2000年代のいわゆるお笑い第五世代ブームの時にも、『エンタの神様』(日本テレビ)などでそのブームを直視することが出来なかった。そんな中、ひたすら絵を描く日々を送るようになり、そのうち膨大な数の作品が出来、小さな個展も開いた。

また短期契約で不動産の仕事をしていたこともあり、宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)の資格を取得した。

芸人デビュー後

芸人デビュー直前の当時、家族にも紹介した婚約者がおり結婚寸前までいったが、お笑いを諦めきれず、その婚約者のプロポーズを断ってまで再度芸人の道を目指した。31歳でワタナベコメディスクールに13期生として2010年10月に入学。高校生の時に相方として誘った人と一緒に入学した(しかしその相方はわずか一か月で退学)。2011年9月卒業。同スクール在学中の2010年12月にデビュー。最初は本名で活動していたが、デビュー1年目の途中で自ら現在の芸名に改名。「野良猫のように一人でも芸能界を渡って行けるように」という意味で、ノラと名付けた(イプセンの戯曲『人形の家』の主人公ノラからとったと語ったこともある)。

かつてはオネエ系の相方「ババチャン」と『ババノラ』という男女コンビで活動していた時期もあり、この時平野は“猛獣使い”的な役を演じていた。ババノラは、ババチャンが「人に笑われたくない」と言い出したことがきっかけで解散した。なお、これ以外にももう1組コンビ歴がある。ちょうどこの頃、前述の劇作家イプセンの「この世で一番強い人間とは、孤独で、ただ一人で立つ者なのだ」という名言を思い出し、ピン芸人としてやっていくことを決める。またこの他にも、挫折したりうまく行かないことが続いたりしていた時の節目に、ビートたけしの名言や高橋尚子の持つ座右の銘に支えられていたことがあった。

PON!(日本テレビ)に出演した際、緊張していたこともあり、また同局アナウンサーの安藤翔との掛け合いがうまくいかず、まったくうけなかった。マネージャーからは「やってしまったね」と言われ、「日テレ出禁になると思った」と語っている。

かつてはやしろ優、加藤誉子とのトークとネタのライブ『女寿司 特上○人前!』(○には回を記載、第1回(1人前)の開催は2014年2月11日)を行っていた後、現在まで中野Vスタジオにて毎月第2火曜日に単独ライブ『バブリーワケあり物件○号室』(○には回を記載)毎月1回開催している。企画・構成を平野が全てやるこのライブはチケットがすぐ完売することもあった。

10回目には場所を表参道GROUNDに移し開催する。著名人のファンも多く、女優の菊地凛子や俳優の染谷将太、倉持明日香、Kダブシャインなどが平野のライブに足を運んでいる。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:4,000円(税込)
2020年2月2日 (日)
習志野文化ホール
大ホール