お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

仙名彩世



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

仙名 彩世(せんな あやせ、1988年12月3日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップ娘役。

宮城県名取市、宮城第二女子高等学校出身。身長162cm。血液型A型。愛称は「ゆき」。

所属事務所はキューブ。

来歴

2006年、宝塚音楽学校入学。

2008年、宝塚歌劇団に94期生として首席入団。月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台。その後、花組に配属。

新人公演時代はヒロインに抜擢されることは無かったが、悪役など個性的な役柄を演じ、歌・ダンス・芝居と三拍子揃った実力派として舞台を支える。

2013年、「フォーエバー・ガーシュイン」でバウホール公演初ヒロイン。

2014年、蘭寿とむ退団公演となるショー「TAKARAZUKA ∞ 夢眩」で、初のエトワールに抜擢。その後も度々エトワールを務め、ショーでは歌手として多く起用される。

2015年、「風の次郎吉」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、専科スター・北翔海莉の相手役を桜咲彩花と務め、東上公演ダブルヒロイン。

2016年、「For the people」(ドラマシティ・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、東上公演単独初ヒロイン。続く初舞台作品の再演となる「ME AND MY GIRL」で、歴代ベテラン娘役が演じてきたマリア公爵夫人を、若くして役替わりで演じる。

2017年2月6日付で花組トップ娘役に就任。明日海りおの3人目の相手役として、「仮面のロマネスク/EXCITER!!2017」(全国ツアー公演)で、トップコンビお披露目。新人公演のヒロイン経験が無い娘役がトップ就任するのは、元雪組トップ娘役・神奈美帆以来32年ぶりのこととなり、入団9年目でのトップ就任(お披露目時には10年目)も、娘役としては異例の遅咲きとなった。

2019年4月28日、「CASANOVA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

2020年1月よりキューブ所属となる。

人物

子供の頃からバレエを習い、学生時代は「怪我をしたら困る」と運動部には入らなかった。

高校は地元仙台市でも有数の進学校へ進学。新体操部の友人に影響され、歌にも興味を持ち、自分探しを始めた頃、母から宝塚受験を勧められる。調べてみると、三味線もタップダンスも授業にあり、ここならやりたいことが見つけられるかもと思い、受験2カ月程前に音楽学校受験を決意。1回の受験で合格を果たした。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
センターブロック指定席:6,500円
サイドブロック指定席:6,000円
(全席指定・税込)

※チケットの受取方法で電子チケット「モバパス」をご利用いただけます。(※カード決済のみ)
(電子チケット「モバパス」の詳細はこちら
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
2021年1月23日 (土) 〜
2021年1月25日 (月)
ヒカリエホール
ホールA
(渋谷ヒカリエ9F)

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
配信チケット:2,500円(税込)

【リモートライブ配信】(スマホやパソコンでのライブ視聴)のチケットです。

※チケットの受取方法で電子チケット「モバパス」をご利用いただけます。(※カード決済のみ)
(電子チケット「モバパス」の詳細はこちら
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
2021年1月24日 (日)
リモートライブ配信

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:2,000円(税込)

※【アーカイブ上映】(別会場にて公演後編集された映像の上映)のチケットです。
2021年2月5日 (金) 〜
2021年2月9日 (火)
iTSCOM
STUDIO
&
HALL
二子玉川ライズ