お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

飯島直子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

飯島 直子(いいじま なおこ、1968年2月29日 - )は、日本のタレント、女優である。横浜市港北区日吉本町出身。身長166cm。血液型A型。所属事務所はハーキュリーズ。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。

来歴・人物

横浜市立日吉台中学校、大東学園高等学校卒業。アルバイト先でスカウトされる。

1988年、深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。翌年1989年には小谷ゆみ、山岸真璃子らを含む全8人で「イレックス」を結成。

1989年、Schickのレースクイーン(三瀬真美子とペア)、カネボウ水着キャンペーンガールに選ばれる(活動は1990年)。1990年、キリンビール、宇部興産のキャンペーンガールも務め、翌1991年にはキグナスF3000のキャンギャルとなる。この頃ヌード写真集『NAOの方舟』を出している。

1991年、テレビドラマ『マスカット・ムーン』で女優としてデビュー。年末には映画にも出演。また、深夜番組『DAISUKI!』のレギュラーで出演し、天然の言動で注目を集め始める。

1992年10月からバラエティ『スーパーJOCKEY』のレギュラーになり、「熱湯コマーシャル」のサブ進行を務める。同年、同じ事務所に所属する網浜直子とデュオユニット「W-NAO」を結成、歌手としてシングルをリリースし、7月にはアルバムとビデオもリリース。「W-NAO」ではB'zのカバーも披露。その縁もありB'zの「FUSHIDARA 100%」(LOVE PHANTOM c/w)にも参加している。1995年頃まで「W-NAO」の活動を続け、1996年にはソロ歌手としてシングル・アルバムをリリース。1993年、『ビートたけしのつくり方』にて「一本糞のりこ」という渾名が付けられた。

1994年、コカ・コーラ『ジョージア』のCMに出演。このCMから、いわゆる「癒し系女優」として人気が上昇し、数多くのドラマに出演。1997年には『智子と知子』で田中美佐子とのダブル主演でドラマ初主演。2000年には月9ドラマ『バスストップ』で単独主演。

この頃、飯島のファッションやメイク(特に眉のラインなど)を真似る女性が「ナオラー」と呼ばれた。

1997年、TUBEの前田亘輝と結婚するも2001年に離婚。

左の二の腕に小さい一輪の赤い薔薇のタトゥーを入れている。

レイジーのファンで「私の永遠のアイドル」と「速報!歌の大辞テン」内で発言していた。好きだったメンバーは影山ヒロノブ。またドラムスの樋口宗孝が逝去し、お別れの会が催された際には参加した。

2012年12月25日、3年間の交際実らせ会社経営者とクリスマスの日に婚姻届を提出したことを発表。

受賞歴

1995年


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:6,500円(税込)
2019年8月9日 (金) 〜
2019年8月18日 (日)
三越劇場