お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

友澤晃一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

友澤 晃一(ともざわ こういち、1961年4月19日 - )は、日本の脚本家、演出家、演技講師。東京都出身。 芸能プロダクション及び舞台制作会社であるT1projectの代表。

経歴

1984年、脚本家の倉本聰が主宰した富良野塾に一期生として入塾。

1986年、博品館劇場にて倉本聰作・演出の舞台『昨日悲別で』に出演。 同年、倉本聰脚本・監督の映画『時計』で助監督を務める。 フジテレビにてドラマのプロット書きやADを務める。

1987年から、フリーにてテレビのドキュメンタリー番組・企画VP等の構成およびADを務める。

1988年、第二回青山円形劇場脚本コンクールに入選 。同年4月からテレビ東京『レール7』の構成・演出を担当。89年12月まで続け、約8分のコーナーを120本余り制作する。

1990年4月、テレビドラマ『トップスチュワーデス物語』(TBS)にて脚本家デビュー。

1991年1月、シアターモリエールでのミュージカル『ダンスマン』で舞台の初脚本・初演出を担当。

1997年、日本テレビシナリオセンターで特別講師を務める。

1998年12月に音楽家・玉麻尚一とミュージカル制作のプロジェクト「T2project」を立ち上げる。 1999年4月にT2projectとして初作品ミュージカル『LETTER』を上演する。

2001年より「T1project」の名称で俳優に演技を教え始める。 同年、土曜ワイド劇場『津軽海峡に消えた女』で脚本を担当すると同時に初監督を務める。

2003年4月に、T1projectとしての初作品『UNDER LOVE』を上演する。 同年10月からエイベックス・アーティスト・アカデミーでタレントの卵たちに演技を教え始める。

2006年、論創社より独自の演技論をまとめた著書『演技核心論』を出版。 同年4月からエイベックス・アーティスト・アカデミーで子供に演技を教え始める。

2010年、集英社新書より『演じる心、見抜く目』出版。

2014年2月、本多劇場グループ小劇場B1のこけら落し公演『君の心に残るもの』の脚本・演出を担当。

毎年、幾つもの舞台やテレビドラマの脚本・演出を手がけている。

小説家の吉屋信子は大叔母にあたる。

主な作品


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
自由席(前売):【シーチキン】3,900円
自由席(前売):【殺し屋】4,900円(税込)


2018年4月25日 (水) 〜
2018年5月6日 (日)
下北沢
小劇場B1

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
10名限定!【殺し屋】4,900円 → 3,900円 さらに1,500Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で500ゲット!(4/24 18時10分更新)
2018年4月25日 (水) 〜
2018年5月6日 (日)
下北沢
小劇場B1