お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

Crystal Kay



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

Crystal Kay(クリスタル・ケイ、本名:Crystal Kay Williams、1986年2月26日 - )は、主に日本で活動する女性歌手。上智大学国際教養学部卒業。

人物

外国人の両親を持つ。父親(幼少時に離婚)はアフリカ系アメリカ人のベーシスト、母親は在日韓国人3世のシンガーでグレートプロダクション(所属事務所)の社長をつとめるshunkay(シュンケイ。旧芸名:シンシア)。

小学校より横須賀のアメリカンスクールに通っていたため英語が堪能であるが、アメリカ合衆国には住んだことがない。

ピアノを3年間ほど習っていたことがある。

愛称は「クリちゃん」。「ケイ」はミドルネームなので、本来ならば「クリスタル」か「ウィリアムズ」で呼ばれるべきだが、付き合いの浅い人からは日本名と語感の近い「ケイちゃん」と呼ばれることもある。身長170cm。

米国籍を取得している。

略歴

1999年 - 2001年

初めての仕事は4歳のころで、PCエンジンDuoのCMソングである。後に、資生堂「スーパーマイルドシャンプー」と「ピエヌ」のCMソングを歌う。1999年、13歳の時に「Eternal Memories」(作曲・編曲:菅野よう子)でシングルデビュー。菅野美穂出演のサントリー「ビタミンウォーター」CMソングとして起用された。

その後、2000年頃は歌手としての目立った活動はなかったが、2001年に映画『サトラレ』主題歌「LOST CHILD」を歌ったことで、知名度を上げた。また同じ頃にm-floと知り合い、FMフェスティバル'01のファイナルライブに、TAKU (m-flo) meets Crystal Kay meets YOU THE ROCK☆として、m-floの「come again」をセッションして出演した。

2002年 - 2003年

2002年8月にリリースした、m-floの☆Takuプロデュースのシングル「hard to say」がロングヒットとなった。同年10月に、T.Kuraなどを制作陣に加えた3rdアルバム『almost seventeen』がオリコン最高2位を記録。成長が期待される、若手女性アーティストの1人として注目された。

2003年、LISAの脱退によってボーカル不在となった、m-floのゲストボーカリストとして、シングル「I LIKE IT」(Crystal Kay loves M-FLO 名義)と、その客演返しとしてシングル「REEEWIND!」(M-FLO loves Crystal Kay 名義)を同時にリリース。2枚共にオリコン10位以内に入るヒットとなった。

2003年の4thアルバム『4 REAL』以降、R&B路線からポップスにシフトしていった。

元々、全米進出を希望しており、同年、世界進出を視野に入れた全英語詞曲収録の『NATURAL -World Premiere Album-』を発表し、アジア市場への進出を試みた。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!
S席:13,000円
【S席平日】カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
【S席土日】カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)
2019年6月10日 (月) 〜
2019年6月30日 (日)
東急シアターオーブ

取扱中の公演
割引販売
な!

<カンフェティ取扱チケット>
先着限定!
S席:<平日>12,500円 → カンフェティ特別価格!
   <土日祝>13,500円 → カンフェティ特別価格!
(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。5/25(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年7月12日 (金) 〜
2019年7月15日 (月)
オリックス劇場