お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

根本宗子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

根本 宗子(ねもと しゅうこ、1989年10月16日 - )は、日本の劇作家、演出家、脚本家、女優。月刊「根本宗子」主宰。東京都出身。東洋英和女学院高等学校卒業。前所属事務所はヴィレッヂ[1]。

略歴

幼少期からモーグルを始め選手を目指していたが、不慮の事故で負傷し外傷性大腿骨頭壊死症を患う。中学高校時代を車椅子で過ごしていたときに交流のあった中村勘三郎に薦められた演劇、大人計画の「ニンゲン御破算」と出会い演劇にのめり込むきっかけとなった。高校時代には年間100 - 120本ほど鑑賞していたという。高校卒業後、赤堀雅秋(THE SHAMPOO HAT)が講師を務めているということで、2008年にENBUゼミナール演劇コースに入学。

2009年3月にENBUゼミナールを卒業。卒業公演で脚本を書いたことをきっかけで、同級生と劇団「月刊「根本宗子」」を旗揚げ。2009年5月に実験公演を行い、7月に旗揚げ公演『創刊号「親の顔が見てみたい」』を行う。月刊「根本宗子」では、全公演の脚本・演出を担当するだけではなく、公演チラシのモデルも根本自身が務める。年2回の本公演を重ねながら、2012年7月から12月にかけて5カ月連続公演『ホントに、月刊「根本宗子」』や、浅草・木馬亭でのお祭り公演を小劇場で行う。

2016年、『夏果て幸せの果て』が第60回岸田國士戯曲賞最終候補となった。

2018年、『皆、シンデレラがやりたい』で2017年第17回バッカーズ演劇奨励賞を受賞。『新世界ロマンスオーケストラ』で大森靖子と作詞した楽曲「俺メロディ」がCD化された。

2019年、『愛犬ポリーの死、そして家族の話』が第63回岸田國士戯曲賞最終候補となった。

2020年、『クラッシャー女中』が第64回岸田國士戯曲賞最終候補となった。

同年6月27日、Webマガジン「ほまれ」をnoteで創刊した。

作品

舞台

  • ジェットラグプロデュース公演『インスパイア』(2011年10月7日 - 10月13日 銀座みゆき館劇場)『箱娘』脚本・演出
  • ジェットラグプロデュース公演『小田急線で会わせに行きます』(2012年3月16日 - 3月19日 新宿ゴールデン街劇場)脚本
  • 『私の可愛さと可哀想さで少しだけ世界が変えられたらいいのに。』(2015年7月27日 - 7月29日 新宿眼科画廊 スペースM)脚本・演出
    • 根本宗子の1人舞台@パルコミュージアム『私の可愛さと可哀想さで少しだけ世界が変えられたらいいのに。』(2015年10月16日 パルコミュージアム)脚本・演出・出演
  • 『皆、シンデレラがやりたい』(2017年2月16日 ー 26日、本多劇場)脚本・演出・出演 ※2017年度第17回バッカーズ演劇奨励賞受賞

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。