お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

松尾諭



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松尾 諭(まつお さとる、1975年12月7日 - )は、日本の俳優。

兵庫県尼崎市出身。関西学院大学総合政策学部中退。エフ・エム・ジー所属。身長176.5cm。血液型はAB型。

略歴

高校2年の時に学校行事で生まれて初めて見た舞台をきっかけに、俳優を志す。1995年に関西学院大学総合政策学部へ入学すると先輩の紹介で産経新聞大阪本社整理部でアルバイトとして勤務。3年次に大学を中退した後も勤務を継続し正社員を勧められるまでに至るも、役者の道を目指すため1998年に退職。

2000年に俳優を目指して上京。劇団のオーディションなどを受ける中、たまたま自宅前の路上で拾った封筒入りの航空券を交番に届けたところ、お礼をしたいという落とし主の女性と表参道の喫茶店で会うこととなって、世間話の中で落とし主が芸能プロダクションエフ・エム・ジーの社長(現・会長)であることがわかり、エフ・エム・ジーへの所属が決まる。少しずつオーディションを紹介してもらいつつ、同年の映画『忘れられぬ人々』で俳優としてデビュー。下積み時代には同事務所の女優・井川遥の付き人も務める。

映画『亡国のイージス』(2005年)や『初雪の恋 ヴァージン・スノー』(2006年)、テレビドラマ『電車男』(2005年)などに出演した後、2007年のフジテレビ系のテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』でオーディションを経て主要SP役5人の中の1人、山本巡査部長役に抜擢され、注目を集める。以降は、NHK大河ドラマ『天地人』(2009年)や同連続テレビ小説『てっぱん』(2010年 - 2011年)、映画『テルマエ・ロマエ』(2012年)や『進撃の巨人』(2015年) など、多数のテレビドラマ・映画へ出演している。

人物

趣味は総合格闘技、ラグビー、絵を描くこと。

高校時代は当時県内屈指の強豪校だった兵庫県立西宮南高等学校ラグビー部に所属していた。ポジションは主にフランカー。同じ高校のラグビー部2年後輩には「銀魂」や「おそ松さん」で有名なアニメーション監督の藤田陽一がいる。 

同年代のラグビー選手・渡部謙吾(現・謙吾)のパンクラスデビューや自身と似た体型のイゴール・ボブチャンチンのPRIDEでの活躍をきっかけに総合格闘技に興味を持ち、やがて自らも総合格闘技を始める。所英男の所属する格闘技ジムで練習を開始するが、始めてみると想像以上にきつく次第に足が遠のくものの、テレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』のオーディションで趣味の「総合格闘技」が関係者の注目を受けたことで急遽練習を再開することとなる。UFCのファンであり、格闘技好きのタレントとして関連番組にも出演する。映画『進撃の巨人』のアクションシーンではロイ・ネルソンやマーク・ハントなどもイメージしながら演じたという。

そばアレルギーの体質であるため、大晦日には年越しそばの代わりにうどんやラーメンを食べている。

「恰幅の良い体型」「眼鏡をかけている」などといった共通点から同じく俳優の田口浩正と間違えられる事が多いという。ただし松尾曰く「並んだらそんなに似てない」との事。また、NHKの連続テレビ小説「エール」においては田口がゲスト出演した後にレギュラー出演者の松尾が出演するという流れだったが、この時もネット上で「似ている」と話題になった(松尾本人も放送終了後「今日は一人二役でした(嘘)」と自身のTwitter上でネタにしていた)。

出演

映画

  • 忘れられぬ人々(2000年・篠崎誠 監督) - 日本兵 役
  • サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS(2001年・本広克行監督)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。