お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

中島亜梨沙



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中島 亜梨沙(なかじま ありさ、1982年12月22日 - )は、日本の女優・タレント。元宝塚歌劇団月組の娘役。

宝塚歌劇団時代の芸名は、羽桜 しずく(はざくら しずく)。愛称は「ありさ」。

北海道札幌市出身。株式会社アクラ所属→株式会社キューブへ。

略歴

久富淑子バレエ研究所出身。全国ツアー『風と共に去りぬ』を見て憧れ、2001年に宝塚音楽学校に入学

2003年、第89期生として宝塚歌劇団入団。月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』で初舞台を踏み、星組配属後は少女役から母親役まで演じられる娘役として活動。入団時の成績は49人中42位。同年5月22日に星組配属。

2005年、『長崎しぐれ坂』新人公演で当時の2番手娘役・陽月華が演じた柳麗役を、同年10月、『龍星』で主人公の記憶の母役を演じる。2006年、『愛するには短すぎる』でヒロインの少女時代役に抜擢される。

2007年、『シークレット・ハンター』の新人公演で初ヒロイン。

2008年2月、月組へ組替え。同年4月、『ME AND MY GIRL』の新人公演においてヒロインを演じる。同年8月、博多座公演『ME AND MY GIRL』にてヒロインのサリー役に選ばれた(主演は霧矢大夢)。

2008年夏の彩乃かなみ退団後、月組トップ娘役は不在となったが、同年11月の大劇場公演『夢の浮橋』ではヒロイン浮舟役に選ばれた。

2009年12月27日、『ラストプレイ/Heat on Beat!』千秋楽をもって、当時の月組トップスター瀬奈じゅんらとともに宝塚歌劇団を退団。退団後はカナダ留学を経て、2011年に芸名を「中島亜梨沙」に変更し、芸能活動を開始。2013年2月10日からアクラに所属。

2018年11月8日、自身のツイッターとインスタグラムにて同年10月1日付で所属事務所がキューブへ変更になったことを公表。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演

星組時代

  • 2003年7月 - 11月、『王家に捧ぐ歌』
  • 2004年2月 - 6月、『1914/愛/タカラヅカ絢爛−灼熱のカリビアンナイト−』
  • 2004年10月 - 12月、『花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04』

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。