お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

藤本つかさ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

藤本 つかさ(ふじもと つかさ、1983年7月30日 - )は、日本の女優、プロレスラー。宮城県宮城郡利府町出身。アイスリボン取締役選手代表を務める。

人物

  • 愛称は「つっか
  • 新潟県中越地震(2004年10月23日)の際には、学校が福祉関係ということもあり、2週間のボランティア活動に参加する。
  • 宮城県宮城野高等学校出身。2006年3月に東北福祉大学を卒業。大学では教育を専攻していた。2005年6月には出身中学校にて3週間の教育実習を受けた。中学・高校の社会科教員免許、養護学校教員免許、図書館司書免許などを取得している。
  • 他団体の大会で豊田真奈美と試合して以降、豊田と絡む機会が多くなった上に、豊田本人からの高い評価を得たことで、「飛翔天女二世」と呼ばれることとなる。現在大一番で使用しているガウンは豊田から譲り受けた物である。豊田から持ち技も継承している。
  • 軽量ながら抜群の身体能力を持ち、アイスリボンのエースとして活躍。また志田光とのタッグチーム「マッスルビーナス」ではタッグ王座も獲得した。マッスルビーナス解散後は、JWP中島安里紗と「ベストフレンズ」を結成。
  • 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災、2011年3月11日)以降は自らが中心となって被災地キャラバンを企画・実現し、また早くから仙台市での興行(「仙台リボン」)を提唱するなど、アイスリボン内ではさくらえみに次ぐリーダー的存在でもある。さくらのアイス退団が明らかになった際には会社から「団体の解散」か「プロレスに割く時間を増やすか」を問われ、後者を選択して解散は免れた。以降は選手代表の立場で団体を牽引。
  • 2012年からは所属のアイスリボンと並行してプロレスリングWAVEにもレギュラー参戦。WAVEでは大畠美咲、紫雷美央と「クローズ」を組みヒールに転じる。コスチュームも美央がデザインした黒を基調としたものを着用し、サッカーボールを凶器として使用する。
    • このようにプロレスで凶器を使う事には異を唱えないが、OZアカデミーのポリスだけは拒絶反応を示しており、OZ・尾崎魔弓代表が正危軍にスカウトされた時も、ポリス嫌いを理由に拒否している。
    • 一方で紫雷美央からは「スタミナお化け」というニックネームが付けられ、ニコプロでも定着している。
  • 北海道のローカルインディー団体「北都プロレス」に参戦した際、同団体の代表兼レフェリーのクレイン中條から「ピップ藤本」のニックネームを付けられた。
  • モーニング娘。のファン。一度は熱が冷めていた時期もあったが、2014年に初めてコンサートに足を運び、Twitter名を現在のグループ名「モーニング娘。'14」にあやかり道重さゆみ卒業まで限定で「藤本つかさ。'14」に変えている。
  • 団体内ではカード編成を受け持つが、松本都に対しては、ビッグマッチにおいて「イヤガラセ」とも呼べる、立場を悪用したカードを組む事もある(例、都vs植木嵩行、都vs浜亮太。2015年12月以降は、そのカードのレフェリーに紫雷美央を付ける事が恒例)。
  • 公式の身長は158cmとしているが実際の身長は156cm。「8という数字が好き」なためとのこと。
  • 来歴

    プロレスラーデビューまで
    • 2007年4月、芸能人女子フットサルチーム「南葛シューターズ」に入団。ポジションはゴレイロ(ゴールキーパー)で、背番号は「21」。
    • 夏公開の映画「スリーカウント」(監督:窪田将治)出演のため、プロレスラーとしてデビューすることになり、2008年、プロレス団体アイスリボンの練習に参加し、さくらえみ代表の指導を受ける。8月23日新木場1stRING大会・vs赤城はるな戦にてレスラーデビュー・初勝利を飾り、メインイベントの6人タッグマッチにも出場し勝利。その後もアイスリボンを中心に、NEO等他団体の試合にも定期的に参戦。その中で夏樹☆たいよう(引退)・米山香織(当時JWP)等のハイスピード王座戦線に参入している。
    2009年
    • 12月28日、日刊スポーツ制定日刊バトル大賞女子プロレス部門技能賞を受賞。
    2010年
    • 1月4日、新春リボン新木場1stRING大会にてさくらえみを6秒で破り、試合時間の団体最短記録を樹立すると共に、第1回SUPER ICE-CUP優勝&第5代ICE×60王座の王者になる。
      • 過去には2008年11月15日新木場大会、vs星ハム子戦で、わずか18秒で勝利した経験がある。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):8,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS(前売):6,000円+さらに300Pゲット!
    RS席(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席A(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    指定席B(前売):3,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)
    2018年12月31日 (月)
    後楽園ホール

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS席(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)
    2019年1月5日 (土)
    横浜ラジアントホール

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS席(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)

    2019年1月6日 (日)
    SKIPシティ(埼玉県産業技術総合センター)

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):7,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS(前売):6,000円+さらに300Pゲット!
    RS席(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    2階最前列(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    2階指定席(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    昼夜通し券(前売):9,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)
    2019年1月27日 (日)
    クラブダイアモンドホール

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)
    2019年2月9日 (土)
    横浜ラジアントホール

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):6,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS(前売):6,000円+さらに300Pゲット!
    RS(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)
    2019年2月17日 (日)
    大阪市立港区民センター

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    最前列(前売):8,000円+さらに300Pゲット!
    特別RS(前売):6,000円+さらに300Pゲット!
    RS(前売):5,000円+さらに300Pゲット!
    指定席A(前売):4,000円+さらに300Pゲット!
    指定席B(前売):3,000円+さらに300Pゲット!
    レディースシート(前売):3,000円+さらに300Pゲット!
    (税込)
    2019年3月31日 (日)
    後楽園ホール