お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

土居志央梨



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

土居 志央梨(どい しおり、1992年7月23日 - )は、日本の女優。

福岡県出身。京都造形芸術大学映画学科俳優コース卒業(5期生)。ファザーズコーポレーション所属。

略歴

3歳の時にクラシック・バレエを習い始め、高校卒業までの15年間のわたって学生ながらバレエ団の本公演にも数多く出演していた。高校卒業を控え、「このままバレエでプロになると決意したら、バレエ以外の人生を知らずに終わるのではないか」として、京都造形芸術大学映画学科俳優コースへ進学する。

大学入学後まもなく舞台に主演、続いて出演した劇団姫オペラの第2回公演『花ちりぬ』(2011年)での妖艶な芝居が注目を浴び、TBS『水戸黄門 第43部』最終回で将軍の側室役に起用される。映画『彌勒 MIROKU』(2013年10月公開、林海象監督)で映画デビューを果たし、2013年2月には岩松了演出の舞台『泡 -流れつくガレキに語りかけたこと』に出演するなど、在学中より多くの舞台、映画に出演。大学4年時にはオーディションを経て映画『赤い玉、』(2015年9月公開、高橋伴明監督)に出演し、主演の奥田瑛二相手に濡れ場を演じるなど肌の露出をも厭わぬ大胆演技で注目を集める。

2015年春に大学を卒業し上京、ファザーズコーポレーションに所属し女優として本格的に活動を開始する。

2018年2月公開の映画『リバーズ・エッジ』では小山ルミ役を演じて体当たりの演技でインパクトを残し、同年8月には舞台『グレーテルとヘンゼル』で5歳児役を演じて商業演劇にて初主演を務める。

人物

身長168cm。体重52kg。スリーサイズはB83cm、W63cm、H87cm。

血液型O型。

趣味は生演奏での歌唱。特技はクラシックバレエ(レッスン歴16年)、ピアノ

映画『彌勒 MIROKU』で主演を務めた永瀬正敏は土居のことを「シオリちゃんは普段から独特の色彩を纏っている。幼い頃から培った天性のリズム感が、そのまま個性になってお芝居に表れている。今後もきっと多くの監督さん達が、物凄く興味をそそられる存在になるんではないでしょうか」と評している。

出演

映画

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。