お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

ゆりやんレトリィバァ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ゆりやんレトリィバァ(1990年11月1日 - )は、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。アイドルグループ吉本坂46のメンバー。奈良県吉野郡吉野町出身。本名は吉田 有里(よしだ ゆり)。吉本興業東京本部(東京吉本)所属。第1回女芸人No.1決定戦 THE W優勝者。

概要

  • 奈良県立高田高等学校卒業後、関西大学文学部に進学。最初は高校卒業後すぐにNSC(吉本総合芸能学院)に入るつもりでいたが、好きになった男子に注目されたいと進学に転向(但し、その男子とは受験直前に失恋している)。2012年4月、大学4年生の時、大阪NSC35期生として入学。その後、2013年2月に行われた「NSC大ライブ2013」で優勝を果たし、NSCを首席で卒業した。また、優勝特典として、2013年4月の予定がすべて仕事で埋まっているスケジュール帳が贈られた。
  • かつて大手鉄道会社の職員だった父親は地元・吉野でエッチング工房『エッチング幸房ソレイユ』を経営。
  • 子供の頃は『モーニング娘。』に憧れており。本気でメンバーになりたかったが、モー娘のメンバーはみんな二重まぶたで涙袋があるのに対し自分は一重まぶたであるという決定的違いに気付き、挫折したという。
  • 芸人になろうと思ったきっかけは、小学校2年の時に吉本新喜劇を見て、自分も山田花子や島田珠代のようになりたいと思ったことからである。また、「これなら一重まぶたでもスポットライトを浴びれる」と思ったこともきっかけだったとも言う。父親には最初芸人になることを反対されたが、父親自身も「自分も周囲の反対を押し切って好きなことをしているので説得力に欠ける」として、最終的には許したという。
  • また、大好きだった映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がきっかけで、子供の頃からアメリカ進出の願望を持っていた。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主演のマイケル・J・フォックスに会いたいがために、一時は海外の高校への進学も考えたことがあった。中学3年生の時には、この映画をテーマに英語のスピーチコンテストに出場したこともあった。
  • 2歳年上の姉がいる。その姉の影響で洋楽にハマり、ブリトニー・スピアーズの楽曲を好んでいた。姉と同様、姓名判断で大大吉の画数で命名される。
  • 高校生の時から文化祭の舞台に立ち、ピンネタを披露していた。
  • 芸名は、高校時代からのあだ名「ゆりやん」と、NSC入学当時に友人との間で流行っていた「ゴールデンレトリィバァ」の2つの候補で悩んでいたが、芸名を申請する際、試しに両方を合わせた「ゆりやんレトリィバァ」を言ってみたところ、いい感じだったため決定した。かつては「親が犬だったからレトリィバァ」になったという設定だった。
  • 2014年3月より、あなたの街に“住みます”プロジェクトの3代目奈良県住みます芸人に就任。
  • 2015年4月より『世界のどっかにホウチ民』の企画で、ホウチ民の一人として3か月間アメリカ・ニューヨークに滞在。現地で下ネタスラングに精通するレベルの英会話力を披露した。また、関西大学の映画研究会で洋画を観るなどして英語を勉強してきた経験もあり、英会話が得意である(但し語学検定は一切取得していない)。
  • 2017年2月24日、第47回NHK上方漫才コンテストに出場し、優勝を果たした。同コンテストでは、女性ピン芸人初の優勝者となった。
  • 2017年12月11日、東京・日本テレビで行われた「女芸人No.1決定戦 THE W」に出場し、決勝戦ではドラえもんをパロディに自らの実体験のネタを披露し、優勝を果たした。
  • 2018年12月10日の第2回「THE W」では前回王者として「絶対優勝します」と連覇を誓うが、ファーストステージであぁ〜しらきに大敗した。
  • 2019年6月、アメリカのオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に出演。星条旗デザインの大きく露出した水着を着て、角刈りのカツラを被り、ヨーロッパの曲『ファイナル・カウントダウン』をBGMとしてダンスのパフォーマンスを披露した。
  • 2020年10月、36kgの減量に成功したことを明かす。「たまたま食べすぎて太っていただけ」ということで、太っているキャラでネタをやっていたわけではなかったという。自分の健康も考えての減量であり「もう太っているのに飽きたなって感じ。当たり前の動きが単純にしんどかった」と話している。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。