お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

磯部勉



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

磯部 勉(いそべ つとむ、1950年10月13日 - )は、日本の男性俳優、声優、ナレーター。エンパシィ所属。過去の所属はアンクルベイビー。

東京都出身。身長173cm、血液型はA型、桐朋学園芸術短期大学卒業。妻は俳優座の斉藤深雪。娘は女優の磯部莉菜子。

人物

短大卒業後、1972年に劇団俳優座に入団、演出家の千田是也に師事し舞台経験を積む。主にシェイクスピア劇で、好評を博す。その後、NHKドラマ『風神の門』では主人公霧隠才蔵の宿敵である獅子王院を演じた。以後、多くの舞台、テレビ、アニメ、映画で時代劇、現代劇問わず活躍。

1980年代以降は、NHK大河ドラマの常連俳優として現在まで数多くの作品に出演。1980年に昭和の犯罪史を騒がせた死刑囚や犯罪者の服役後の姿を題材とした実録映画『さらば、わが友』に主演。主人公の若き日から晩年までを演じた。仲代達矢、平幹二朗、加藤剛の後を継ぐ俳優座出身スター候補として期待を集めるが、その後は往年の戸浦六宏を彷彿ほうふつさせるような知的な悪役やバイプレイヤーなど、性格俳優としての側面を強めていく。1989年に俳優座を退団。

また、声優としては『クレイマー、クレイマー』がデビュー作で、『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の主人公であるストリングフェロー・ホークをはじめ、ハリソン・フォード、メル・ギブソン、チョウ・ユンファ(この3名の吹き替えは特に多く、共に十数本の映画の吹替版で担当)、ティム・アレン、ショーン・ビーンの声を主に担当している。

特にメル・ギブソンは『リーサル・ウェポン2/炎の約束』で初めて吹き替えを担当して以来、専属声優となり、『リーサル・ウェポン』シリーズのTV放送版では池田勝(同じくダニー・グローヴァーの吹き替えを多く担当)とのマシンガントークを演じ、『ハート・オブ・ウーマン』でのコミカルな役まで吹き替えを行っている。

謙虚で誠実な人柄でも知られ、『十戒』でチャールトン・ヘストンを担当するにあたり、ヘストンの吹き替えを長年担当した納谷悟朗に、直接許しを請う電話を入れたという逸話が伝えられているが、実際には磯部が飲み屋で偶然納谷と出会った際にあいさつをしたというものである。納谷自身はその時酔っていたのかあいさつに行ったこと自体を覚えておらず、後々に磯部がヘストンをやったことを知り、激怒したが、その事を磯部は人づてに聞いて、申し訳なかったと心境を語っている。元々ヘストンの吹き替えを務めたのは『黒い絨毯』の金曜ロードショー版で納谷の代役を務めたことがきっかけで、以降新録で3本務めている。

2005年の『魔法戦隊マジレンジャー』では敵幹部のウルザードの声だけでなく、ウルザードの正体であるマジレンジャーの父親・小津勇役に起用される。本人は特撮でのレギュラーは初めてであったこともあり、素面で小津勇を演じて欲しいとのオファーを受けた際には「自分でよいのか?」と最初は戸惑ったという。最終回では他のキャストと同様に自身の役の変身した姿のウルザード・ファイヤーのスーツに入っている。

出演(俳優)

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,000円(1階席・2階前方席)
(全席指定・税込)
2019年5月4日 (土) 〜
2019年5月27日 (月)
明治座
販売終了

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
14名限定!S席13,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに6,000Pゲット!(5/16 19時30分更新)
2019年5月4日 (土) 〜
2019年5月27日 (月)
明治座