お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

ウーピー・ゴールドバーグ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ウーピー・ゴールドバーグWhoopi Goldberg, 1955年11月13日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の女優、コメディエンヌ、歌手。エミー賞、グラミー賞、オスカー(アカデミー賞)、トニー賞の4つの賞をすべて受賞した人物(EGOT)である。

歴史

ニューヨーク大学卒業。ウーピーは『スタートレック』に登場する黒人士官のウフーラを演じたニシェル・ニコルズに強く影響されて女優を志した。放映当時、黒人かつ女性がSFのTVシリーズのレギュラーを、しかも軍隊(に準じる組織)の士官を演じることは極めて異例であり、ウフーラは彼女の他にも多くのアメリカ黒人女性に大きな希望を与えたという。また、ウーピーはSFドラマ『新スタートレック』シリーズに、本人の希望もあって「ガイナン」役で準レギュラー出演を果たしている。

8歳の頃にニューヨークにあるハドソン・ギルドの劇場で演劇デビュー。1975年にサンディエゴに移住していくつかの舞台に出演。1980年代初頭にサンフランシスコ・ベイエリアに移住してバークレーの前衛劇団「Blake Street Hawkeyes 」に参加。その後、スタンダップ・コメディの舞台やテレビにも出るようになった。

1984年の「The Spook Show」公演が注目を浴びる。同公演の録音で第28回グラミー賞最優秀コメディ・アルバム賞受賞。

当時のステージネームは"Whoopi Cusion(ブーブークッション)"であり、現在の芸名はこの頃の名残である。ゴールドバーグというドイツ系ユダヤ人の苗字を名乗ったのは、母がジョンソンという苗字をスターになるには「充分にユダヤ的」でないと考えたためであるという。

サンフランシスコの舞台に立っていたのを、アリス・ウォーカーが見て『カラーパープル』の主役としてデビューした。

『ゴースト/ニューヨークの幻』での演技でアカデミー助演女優賞を受賞。

『天使にラブ・ソングを…』では主役を務め、ヒットを記録したことで世界に顔が知られる。 

女性として初めてアカデミー賞授賞式の司会を務めた(その後も数回、司会を務めている)。

私生活では、3度の結婚歴がある。最初の結婚で一人娘で俳優のアレックス・マーティン(1973年-)をもうけている。俳優のテッド・ダンソンやフランク・ランジェラと交際していた時もあった。

ウーピーは学習障害の中の、字を書くことに障害が出るディスグラフィア(書字表出障害)であり、文字を左右逆に書いてしまう。

2007年、ゲスト出演したCNN『ラリー・キング・ライブ』にて、女優を引退しトークショー等の司会に専念すると宣言。現在は朝のラジオ番組『Wake Up With Whoopi』でメインを務め、2007年9月からはアメリカABCのトーク番組『The View』の共同ホストの一人となっている。

以前は「1949年11月13日」生まれとされており、数年前までの資料ではそのような記述が多い。

主な出演作品

映画

テレビシリーズ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。