お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

佐野眞一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

佐野 眞一(さの しんいち、1947年(昭和22年)1月29日 - )は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。東京都葛飾区出身。

経歴・人物

乾物屋を商った東北出身の父は婿養子で、ただ寡黙に働くために生まれてきたような男だった。男ばかり3人兄弟の長男。初孫だったために粋人の祖父に溺愛され、小学生のころから浅草で酒の味や映画、演芸の享楽を仕込まれた。

早稲田大学第一文学部在学中は映画監督を志し、「稲門シナリオ研究会」に入った。大学卒業後、主に子供向けソノシート制作などを手がけていた音楽出版社・勁文社に入社。1971年12月、自ら編集を手がけ発行した「原色怪獣怪人大百科」がこの当時の第二次怪獣ブームを受け、53万部を完売するという当時としては画期的なベストセラーになったが、労組を結成したため1年半で解雇された。その後、フリーに転身。

1997年(平成9年)、民俗学者宮本常一と渋沢敬三の生涯を描いた『旅する巨人』により第28回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2009年(平成21年)、『甘粕正彦 乱心の曠野』により第31回講談社ノンフィクション賞受賞。

2003年(平成15年)から2012年(平成24年)まで、開高健ノンフィクション賞選考委員を務めていたが、週刊朝日による橋下徹特集記事問題で辞任した。

この橋下事件をきっかけに、佐野による数々の剽窃行為が明るみに出され、溝口敦・荒井香織『ノンフィクションの「巨人」佐野眞一が殺したジャーナリズム 大手出版社が沈黙しつづける盗用・剽窃問題の真相』(2013年、宝島社)の中で、盗用問題の詳細が検証された。溝口はまた、佐野からの直筆の詫び状をインターネットで公開している。

2013年(平成25年)7月31日、著作権侵害されたとして、日隈威徳から訴訟を起こされたが、2014年(平成26年)10月16日に和解が成立した。

2015年(平成27年)2月18日、大阪地方裁判所における裁判で、大阪維新の会総支部長の橋下徹に対して、「タイトルをはじめ記事全体が差別的で、深くおわびする」との「おわび文」を渡し、解決金を支払うことで、和解が成立した。

著書

  • 『戦国外食産業人物列伝』(1980年、家の光協会)
  • 『覇者の哲学』(1981年、サンケイ出版)
  • 『性の王国』(1981年、文藝春秋/1984年、文春文庫)- 雄琴トルコ街、東南アジア売春ツアーなどのルポ。
    • 『ニッポン発情狂時代:性の王国』(2000年、ちくま文庫)
  • 『現代を射とめる企業家たち』(1983年、日本経済新聞社/1987年、三笠書房(知的生き方文庫))
  • 『官僚、冬の時代』(1985年、プレジデント社)
  • 『ニュータウン流通戦争』(1985年、日本経済新聞社)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般:4,000円
(全席指定・税込)

2019年5月2日 (木) 〜
2019年5月5日 (日)
本多劇場

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!一般4,000円 → 【指定席引換券】3,500円さらに500Pゲット!(4/23 18時00分更新)
2019年5月2日 (木) 〜
2019年5月5日 (日)
本多劇場