CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 吉井瑞穂

吉井瑞穂

吉井瑞穂



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉井 瑞穂(よしい みずほ、1973年 - )は、日本のオーボエ奏者。

略歴

神奈川県鎌倉市出身。5歳でピアノを始め、14歳で井口博之に師事する。東京藝術大学入学後、ドイツ連邦共和国へ渡り、カールスルーエ音楽大学を首席で卒業。在学中はトーマス・インデアミューレに師事し、第66回日本音楽コンクールで優勝および特別賞を受賞した。日本音楽コンクール優勝のほか、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国バルビローリ国際コンクール、日本管打楽器コンクールで入賞。クラウディオ・アバドに認められ、2000年からマーラー室内管弦楽団首席オーボエ奏者として、ヨーロッパを中心に演奏活動を行う。クラウディオ・アバドをはじめ(共演200回以上)、ギュンター・ヴァント、ニコラウス・アーノンクール、ピエール・ブーレーズ、ダニエル・ハーディングといった巨匠の指揮で演奏を重ね、ヨーロッパの主要オーケストラ、アンサンブルから頻繁に客演首席奏者として招かれている。2007年のザルツブルク音楽祭では、フィッシャーの「オーボエ協奏曲」でソロデビューを果たした。2017年3月、ドイツからイギリス人の夫と息子を連れて帰国し、鎌倉を拠点とする。鎌倉ではコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催している。

ソロや室内楽でも精力的な活動を展開し、テツラフ・カルテット、レイフ・オヴェ・アンスネス、マーティン・フロストらと共演する、甘美な音色と豊かな音楽性で世界の聴衆を魅了する国際派オーボエ奏者である。アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区のマンハッタン音楽学校、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、スペイン王国、ドイツ連邦共和国、コロンビア共和国、ベネズエラ・ボリバル共和国などでマスタークラス教授として招かれ、後進の指導にあたっている。東京藝術大学准教授、ルツェルン祝祭管弦楽団設立メンバー。

受賞歴

  • 1995年:英ワイト島国際オーボエコンクール入賞
  • 1996年:第3回日本管打楽器コンクール入賞
  • 1997年:第66回日本音楽コンクール優勝、特別賞
  • 2019年:第49回JXTG音楽 洋楽部門 奨励賞

テレビ出演

  • 恋するクラシック(2018年5月6日、BS日テレ)- 「マエストロさんいらっしゃい♪」コーナー
  • おんがく交差点(2019年6月29日、BSジャパン)- 「葦の歌声が響き渡る!美しきオーボエ!!吉井瑞穂」

脚注

外部リンク

  • 公式サイト
  • 旧ブログ
  • Eアーツカンパニー(マネジメント)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。