お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

クレイジーケンバンド



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

クレイジーケンバンドCRAZY KEN BAND)は、日本のバンドである。略称CKBクレケンクケバ

来歴

  • 1997年に結成。当初は横山の適当な命名で「ゲロッパ1600GT」(略称:ゲロG)というバンド名だった。現在の名前を提案したのは小野瀬で、「J・ガイルズ・バンドのような、個人名のついたバンド名がいいのでは」ということから、「クレイジーケンバンド」になった。
  • 1998年にアルバム『PUNCH! PUNCH! PUNCH!』でデビュー。2002年にシングル「GT」およびアルバム『グランツーリズモ』で注目される。またこの時期前後は、自らの曲のリミックスを著名リミキサーに依頼し、それを頻繁に使用したメンバーによるクラブDJが盛んに行われていた(下記ディスコグラフィ「12インチリミックスアルバム」参照)。
  • 2005年に、2002年に発表されたシングル曲「タイガー&ドラゴン」を元に、ドラマ『タイガー&ドラゴン』が制作・放送される。このドラマではメンバーの洞口信也と廣石恵一が、舞台の浅草演芸ホールの掃除夫として(連続ドラマ版のみ)レギュラー出演した。主題歌となった「タイガー&ドラゴン」はシングルが再発売され、更にiTunes Music Storeが開始されてから1週間以上、iTunes Music Storeのランキングにおいて上位にランクインし続けた。また、この曲は和田アキ子・甲斐よしひろ・大西ユカリと新世界・RIKIがカバーした。但しRIKI版は「タイガー&ドラゴン 大阪挽歌(エレジー)」のタイトルで、歌詞が異なる。
  • 2009年、ユニバーサルミュージックとメジャー契約でメジャーデビュー。
  • 概要・特徴

    • ロックンロール、ポップス、歌謡曲、ソウル、ジャズ、ファンク、ブルース、渋谷系、演歌、ロカビリー、ラテン、ボサノヴァ、R&B、AOR、ヒップホップ、アジア歌謡等、多くのジャンルの要素を柔軟に取り入れた自由奔放なミクスチャー音楽が特徴で、幅広い年代のファンを持つ。松任谷由実、高橋克典、小西康陽、近田春夫、そして森光子(横山いわく「最高齢のファンだと思います」)ら、業界内にも熱心なファンが多い。
    • 60年代、70年代の日本の歌謡曲の技法の中から「かっこいい要素」を抽出して作られた楽曲(及びボーカル横山の唱法)が、初期には多かった。また、楽曲が昭和風ではなくても、歌詞の内容で、昭和の文化をリスペクトしているものが多い。また「昭和レジデンス」の歌詞中では、「昭和昭和昭和昭和昭和」と昭和を連呼している。
    • リーダーの横山剣が、「自分たちのバンドは、平成のビート歌謡バンドとでもいいますか……」と発言したり、「ヨコワケハンサム」を称える歌詞や発言を繰り返し、イベント名にまで採用。その他にも横山は、「現在は昭和○○年、昭和は続いている」と言ったり、コラムやインタビュー等で昭和時代の文化を称える発言を繰り返した。そのため、音楽的にも交流があった渚ようこ、大西ユカリらとともに「昭和歌謡ブーム」の一員として広く認知された。だが、雑誌『SWITCH』の2003年8月号の特集「昭和歌謡と呼ばないで」に収録されたインタビューのなかで横山は、「クレイジーケンバンドのサウンドは、もっと広いものである」と、「昭和歌謡」と決め付けられることへの嫌悪感を表明。実際、その後の活動においては、楽曲に「昭和的な要素」は(おそらく意図的に)薄くなってきている。
      • 歌手の星野源も2016年5月30日の星野源のオールナイトニッポン内の『Yellow Music』というコーナーにて「まっぴらロック」を紹介した際に「昭和歌謡」と言われている点を違うと評価している。
    • 近年の横山は、「かつては、サービス精神もあって『昭和、昭和』と言っていたが、それが誤解を呼んだ。そういう(「昭和歌謡」のような)音楽が好きな人たちは、そればっかりやっている人たちを聴いてください」「自分たちの音楽は、もっと音楽的に耳の肥えた人たちに聴いてもらいたい」とまで発言している。
    • バンド名はサディスティック・ミカ・バンドから来ている。また、バンドの編成はミカバンドも影響を受けたロキシー・ミュージックの色合いも伺える。
    • 略式名称はCKB。当初の略名として横山剣が「クケバ」を提案したが満場一致で却下された(現在「クケバ」は関連サイトで販売するTシャツにデザインされている)。 本人曰く「クレケンとは云わないで。それじゃ「バンド」がないじゃない」。
    • ステージに登場する時によく使用されるキャッチコピーは、「時代の最先端を爆走し、ナウなフィーリング・エイジ達の度肝を抜く、東洋一のサウンドマシーン」。
    • コンサートは通常3時間前後の長丁場となることが多く、これは横山いわく「興奮すると時間感覚というのがなくなってしまう」とのことで、サービスでやっているわけではないという。
    • 多数のアーティストとの共演も特徴。和田アキ子、ゴスペラーズ、Rhymester、m-floなどをはじめとして大西ユカリと新世界、渚ようこ、What's Love?、野坂昭如、シシド・カフカ、松崎しげる、市川由紀乃(横山のみ)、FIRE BALL、PAPA B、ラッパ我リヤのQなど、ジャンル・世代の壁を越えた共演歴がある。
    • 神奈川県横浜市中区(本牧)を本拠地とし、横山剣が横浜市のゴミ分別プロジェクト『ヨコハマはG30』のテーマソング「いいね! 横浜G30」や、横浜市立みなと総合高等学校の校歌の作曲を手がけるなど、地元に密着した地道な活動に力を入れているのが特徴である。また2004年には横浜ベイスターズの公式ソングとして小野瀬雅生をフィーチャーした曲「BE A HERO」を発表。横浜スタジアムのホームゲームなどで使用され、CD化もされた。
    • また、「ヨコハマ〜ヨコスカ〜サウンド〜」ともよく自称する。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    指定:7,600円(税込)

    2020年2月15日 (土)
    厚木市文化会館
    大ホール