CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 春風亭ぴっかり

春風亭ぴっかり

春風亭ぴっかり



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

蝶花楼 桃花(ちょうかろう ももか、1981年5月13日 - )は、落語家である。本名は高橋 由佳。東京都出身。所属事務所は東宝芸能。出囃子は「仙桃」。

経歴

実践学園高等学校卒業後、幼少時代から好きなミュージカルの勉強のため尚美学園系列の専門学校・尚美ミュージックカレッジ専門学校に入学。卒業後は舞台女優を目指し、演劇倶楽部『座』に研究生として在籍し女優として活動していた。その研究生時代にカリキュラムの講師として来ていた落語家・鈴々舎馬桜の講義で古典芸能、落語に触れ、本格的に落語の世界を目指すべく春風亭小朝に入門した。前座名は「ぽっぽ」。由来は入門日の11月11日が第一次世界大戦休戦記念日だったので平和の象徴である鳩から。初ネタは2007年2月11日、沼津で開催された「小朝・正蔵二人会」での「狸の札」。寄席での初高座は新宿末廣亭での「平林」。

2011年(平成23年)11月、二ツ目に昇進し「ぴっかり☆」と改名。二ツ目の高座名「ぴっかり☆」の由来は二ツ目昇進日の11月1日が灯台記念日であることから。なお、名前は末尾に☆マーク(読みはない)が入るのが正式な表記であるが、これは寄席文字に無いため、定席のめくりには表記されない。2018年、演芸男装ユニット「輝美男五」に参加する。ユニット内での男装キャラクターの名前は「光」(芸名から)。

2022年3月下席より三遊亭律歌、柳家風柳、林家はな平と共に真打に昇進して「蝶花楼桃花ちょうかろうももか」に改名。「蝶花楼」の亭号を名乗る噺家は2019年3月に七代目蝶花楼馬楽が死去して以来不在だったが、3年ぶりの亭号復活となった。3月21日の鈴本演芸場での真打昇進披露興行の大初日には、ネタ下ろしとなる「天下一うかれの屑より」を演目に選んだ。

出囃子も二ツ目から真打昇進披露の途中までは「あの町この町」だったが、国立演芸場の真打昇進披露3日目で桃花の誕生日である2022年5月13日から、小朝が作曲したオリジナルの「仙桃」に変更した。

2022年7月、浅草演芸ホールでの下席興行昼の部で真打昇進披露後初の主任(トリ)を務めた。真打昇進後4か月での主任は、落語協会の法人化以降では春風亭一之輔の5か月を上回る最速記録となった。

人物

  • 中村倫也の熱狂的なファン。
  • 小さい頃はミュージカルが好きで宝塚の涼風真世のファン。弟子入り前の24歳の時にAKB48のオーディション(第1期)に7歳サバ読みで応募し、最終審査まで残ったが、秋元康に実年齢を見抜かれて不合格。2014年に行われた「大人AKB48 オーディション」を受験し、最終審査まで進出している。その縁もあり、師匠の小朝がプロデュースしたAKB48の著名人公演「イヴはアダムの肋骨」の演目「南京玉すだれ」の指導をメンバーに行っている。
  • 前座の時のヘアスタイルはボブだったが、二ツ目になると同時にカーリーボブに変更。真打昇進と同時にストレートボブに戻している。
  • 東京の寄席定席での真打昇進披露の際には、トリをとる全日で色が日替わりの名前入り応援タオルを観客全員にプレゼント。客席で広げてもらってファンと交流した。

芸歴

  • 2006年11月 - 春風亭小朝に入門。
  • 2007年6月 - 前座となる、前座名「ぽっぽ」。
  • 2011年11月 - 二ツ目昇進、「ぴっかり☆」に改名。
  • 2022年3月 - 真打昇進、「蝶花楼桃花」に改名。

出囃子

  • あの町この町(2011年 - 2022年)
  • 仙桃せんとう(2022年 - ) - 春風亭小朝作曲

メディア

テレビ

  • 平成24年度NHK新人演芸大賞(落語部門) 本選出場(演目「反対俥」)
  • 平成28年度NHK新人落語大賞 本選出場(演目「湯屋番」)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。