お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

加納健次



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

劇団NLT(げきだんエヌエルティー)は、日本の劇団。喜劇を専門に公演を行っている。1964年(昭和39年)1月10日に結成された。

概要

1963年(昭和38年)12月に文学座を退座した青野平義、三島由紀夫、賀原夏子、中村伸郎、南美江、丹阿弥谷津子、矢代静一らにより、1964年(昭和39年)1月10日に「グループNLT」として結成された。NLTとはラテン語で「Neo Litterature Theatre」(日本語では新文学座)の頭文字をとったもので、名付け親は岩田豊雄(獅子文六)。

1968年(昭和43年)、賀原らとの路線対立から、三島、中村、南らが「グループNLT」を脱退したことにより、現在の「劇団NLT」に名称が変更され、喜劇専門の劇団となる。この時より「コメディ路線」を歩み始めたとしている。脱退した三島らは同年の4月17日に「浪曼劇場」を正式結成した。

賀原を中心として、主にブールヴァール(フランス喜劇)を上演。賀原の死後も、この路線は踏襲されている。また、黒柳徹子が「劇団NLT」としての旗揚げ公演に客演して以来、多くの公演に出演している。

また、NLT文芸演出部には、翻訳家の黒田絵美子や脚本家の池田政之がいる。

1972年、「池袋アートシアター」がリフォームする際に全面協力。現在の名称「シアターグリーン」と命名し、?落し公演も務めた。

俳優教室を開校していた時期もあり、同講座で受講した者や本劇団出身者には、藤岡弘、や佐々木剛など、のちに特撮作品で主演をつとめた俳優も多い。

2018年、俳優座劇場にて上演した『やっとことっちゃうんとこな』では、新劇の歴史上初めて、劇中劇に歌舞伎を演じるという試みが注目され、同年のテアトロ演劇賞が授賞された。

所属俳優

男性


女性


・なお、「団友」として合田雅吏が提携している。

演出部

  • 小林史
  • 竹内一貴

文芸演出部


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。