お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

村上幸平



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

村上 幸平(むらかみ こうへい、1976年6月1日 - )は、東京都出身の役者、声優、モデル。慶應義塾高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。

所属事務所はA-team(エーチーム)(2001年-2011年)を経て、2012年6月から株式会社ドルチェスターに所属。身長181cm、血液型O型。

略歴

1976年6月1日、東京都出身。1995年、高校在学中にモデルとしてスカウトされ、第7回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞し、ジュノンボーイとして芸能活動を開始した。役者としてのデビュー作は1996年11月放映の『木曜の怪談』で、大学卒業後に役者業を本格化させる。2001年、『嫉妬の香り』で連続ドラマに初出演、翌年に出演した『時空警察ヴェッカーD-02』で特撮デビューも果たしている。

2003年、平成仮面ライダーシリーズ4作目となる『仮面ライダー555』で主要人物の一人である仮面ライダーカイザ/草加雅人役のオーディションに合格、同役を熱演して脚光を浴びた。自身も出世作である『555』と草加雅人役を大切にしており、555関連のファンイベントなども主催している。

『555』終了直後の2004年には『冗談でしょッ!離婚予定日』『メモリー・オブ・ラブ』など昼ドラマへ続けて出演し、主婦層へ知名度を広げる。同年には特撮出演者・製作者による劇団「 たいしゅう小説家」の「第5回公演『恋の骨折り損?』」で主演を務め、舞台に初挑戦した。これを契機に舞台演劇へ熱心に取り組むようになる。2005年、『@ベイビーメール』で主役の斉藤雅斗役を演じ、映画初主演となった。

その後もテレビドラマを中心に活動し、2007年には深夜ドラマ『ソードブル』でドラマ初主演を務めた他、『ウルトラマンメビウス』『キューティーハニー THE LIVE』など特撮作品にも度々出演している。舞台活動では2008年頃から精力的に出演を重ね、『ハロルドとモード』『パッチギ』『銀河英雄伝説』などの舞台に出演し、舞台『2069』で2度目の主演・座長役を務めた。2009年には「仮面ライダーディケイド」で6年ぶりに仮面ライダーカイザを演じた。この時は変身後のアフレコ出演のみであり「草加雅人」としては登場しなかった。2014年公開の『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』にて、10年ぶりに草加雅人役も演じている。

2011年年末、長年在籍してきた芸能事務所A-teamを退社したことをブログで発表し、同時に芸能界を引退する意向を発表した。公式サイトもブログ以外のページが順次閉鎖され、事実上の芸能活動休止状態に入った。しかしその後もファンから活動継続を望む声が続いた事もあり、事務所退社後も継続していた公式ブログ上で「諸事情を検討の末、フリーランスという形で芸能活動を継続」することを発表し、2012年6月からは新たに芸能事務所ドルチェスターへ所属している。

芸能活動再開後も主に舞台を中心に活動し、舞台『ポチッとな-Switching On Summer-』『灰とダイヤモンド Noir』では主演を務め、『泣いてたまるか!!漢字検定者大会〜虹の向こう側へ』ではミュージカルにも挑戦している。『BLAZBLUE〜CONTINUUM SHIFT〜』や『WILD HALF〜奇跡の確率〜』『百千さん家のあやかし王子』などの漫画やゲームが原作のいわゆる「2.5次元物」にも出演している。後述するザリガニマニアとして一面などユーモラスな私生活も注目され、『555』で競演した半田健人に続いて『タモリ倶楽部』に出演を果たしている。

2016年、『動物戦隊ジュウオウジャー』に出演し、日本の三大特撮作品(ウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズ)への出演を達成した数少ない特撮俳優の一人となった。

人物

  • 趣味は音楽、サッカー、ラーメンの食べ歩き(公式プロフィールより)。特にラーメンについては相当の食通であり、公式ブログには各地の有名なラーメン店のレビューを定期的に掲載している。
  • 他に漫画も好きで雑誌「CAST-PRIX キャスプリ」にておすすめ漫画のコラム「むらこらむ」を本人執筆で連載していた。
  • かつては一日に煙草を2箱以上吸うヘビースモーカーだったが現在は禁煙している。
  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災以来、自身のブログで紹介した商品(Amazon)のアフィリエイトで得た報酬金を被災地へ全額寄付している。

交友

  • 湘南乃風 の若旦那とは小学校からの幼馴染で、女優の辺見えみりとも中学時代の同級生であった。同じ特撮出演経験のある松田賢二との結婚式にも友人として招待されている。
  • 『555』でメインライターを務めた脚本家の井上敏樹とは「クリスマスもバレンタインも何故か一緒にいた」と語るなど非常に懇意にしており、『555』終了後も井上が脚本を務める作品に出演する事も多い。
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。