お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

内野聖陽



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

内野 聖陽(うちの せいよう、1968年9月16日 - )は、日本の俳優。神奈川県横浜市出身。身長177cm、血液型AB型。本名読みは「うちの まさあき」で、2013年7月までは芸名としても使われていた。元妻は女優の一路真輝。

来歴

実家は横浜市の曹洞宗寺院。世田谷学園高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。大学在学中での初めての演劇は英語劇で、プレイボーイな役を演じたが、これで一時期、演じることが嫌になり、裏方にまわっていた。1992年、在学中に文学座研究所に入所。同期に寺島しのぶがいる。翌年に研修科1年となり、研修中はドラマの端役などで修行を積む。

1996年には『ふたりっ子』、1997年では『ミセスシンデレラ』に出演したことで顔が知られる(文学座の座員にもなった)。

演劇ではホームグラウンド・文学座で実力・動員で牽引したのはもちろん、他が主宰する演劇にも多数出演。ストレートプレイを活動のメインとしているが、さらなる表現手法の開拓・増幅を目指し2000年に『エリザベート』で初めてミュージカル出演も果たす。この出演が、後の内野の表現法・私生活(後述)においてはターニングポイントとなった。

2003年、『蝉しぐれ』で牧文四郎を演じ、放送文化基金出演者賞とモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞。

2004年、『エースをねらえ!』に宗方仁役で出演して話題となる。

2007年、『風林火山』では主役の山本勘助を演じ、クランクアップ時の会見では「この作品を誇りに思っています」と語って男泣きした。

私生活では『エリザベート』で知り合い交際を続けていた一路真輝と2006年5月に婚約を発表。7月末に入籍、10月末に女児が誕生。入籍時点で『風林火山』の撮影に入っており、披露宴は『風林火山』の撮影が終了した2007年10月25日に行うも2011年8月18日、離婚届を提出したと連名のFAXにて発表した。

2011年末、デビュー以来約20年間在籍していた文学座を退団し個人事務所設立及びスターダストプロモーションとの業務提携を発表

2013年7月、生誕45周年を機に芸名の読み方を(使用する漢字はそのままで)デビューから長年続いた本名の「うちの まさあき」から「うちの せいよう」にすることを発表した。理由は「『まさあき』と読めない人が多かったから」だという。

人物

  • 俳優の吉沢悠がドラマ『エースをねらえ!』に出演した際、20歳半ばで、高校生役「藤堂貴之」を演じることになり、実年齢と配役の年齢差のギャップに不満があり、実年齢に近い「宗方仁」を演じたいと思っていたが、内野が「宗方仁」の役作りを完璧に仕上げて(まるで漫画から飛び出てきたみたいな状態で)顔合わせに登場したため、「宗方仁」を演じたいと思う気持ちを口に出せなかったと話している。
  • 台詞覚えで大声を出して練習するために自宅に防音室を作ったことがある。
  • 『風林火山』では楽屋には誰よりも早く入り、準備していたという。また、この作品で印象に残った共演者として千葉真一・市川亀治郎・GACKT・貫地谷しほりを挙げている。特に千葉については「僕も殺陣が非常に好きで、普段から稽古しているんですが、千葉さんといえば、世界的にも有名で、アクションもすごいじゃないですか。そういう方と殺陣ができるのが、うれしくてしょうがなかった。千葉さんは「どっからでもかかっていらっしゃい」という感じでどっしりと構えている。僕もこの大きな胸を借りて、思いっきりやってやれという感じで、やらせていただきました。千葉さんはすごく情熱的な方で、収録が終わっても若い人を集めて酒を飲みながら演技について語っているんですよ。その仲間に僕も入れていただいて、電気が消えて『早く出て行ってください』と言われても、ひたすら飲んで語っていました(笑)。殺陣の極意をいろいろ聞かせていただいて、楽しかったですね。視聴者の方にはお教えできないテクニックも教わって、いろんな意味で勉強になりました(笑)」と語り、思い出に残るシーンも「千葉との殺陣」を挙げている。

受賞歴

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。