お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

中山千夏



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中山 千夏(なかやま ちなつ、1948年7月13日 - )は、日本の作家。元歌手、元女優、元司会者、元テレビタレント、元声優、元参議院議員。50年におよぶ芸歴と多彩な活動歴を持つ。本名。

略歴

1948年、熊本県山鹿市生まれ。のち宮崎に、更に4歳時には大阪府布施市(現・東大阪市)に転居。芸術座での『がめつい奴』(三益愛子主演)に出演、一躍「名子役」として脚光を浴び、芸能活動の便宜上、小学5年生の時に東京へ転居し、中央区立泰明小学校に転入する。以来、女優として舞台、テレビ、ラジオで活躍。

芸能活動の傍ら、中央区立明石中学校(現・中央区立銀座中学校)を経て麹町学園女子高等学校卒業。ロシア文学専攻を志望し、1966年に上智大学を受験したが失敗。成人すると共に活動分野が広がり、テレビタレント、歌手として、また数多くのエッセイや小説の作家として活動した。

さらに1970年代、時の女性解放運動(ウーマン・リブ)に参画した後、反差別・反戦などの市民運動に取り組み、1980年には参議院選挙に出馬して当選、1期を務めた。その後は著作活動のかたわら、人権や反戦の市民運動を続けている。

作曲家の佐藤允彦 と1971年結婚、1978年離婚。

俳優

小学1年生の1955年4月、当時居住していた大阪府で、初めてできた児童劇団「劇団ともだち劇場」に入り、泉田行夫の元で3年間学ぶ。その傍らラジオ、映画、またその間に開始した民放テレビに出演。小学校3年の時、開局直後の大阪テレビ放送の子供番組「少年探偵団シリーズ」に出演した。花登筺の「仲良し探題団」「やりくりアパート」に出演し、1958年に花登が結成した劇団「波の会」に参加。

小学5年生の1959年2月、梅田コマ劇場『母』(川口松太郎作・演出)に出演しているのを菊田一夫に注目される。1959年4月「波の会」から大宝芸能に所属を移す。1959年9月に上京し、東京・芸術座での菊田作・演出による『がめつい奴』に抜擢、「名子役」として一躍脚光を浴びた。(その役名から以降業界では<テコ>の愛称で呼ばれるようになる。) 当時、テレビコメディ「やりくりアパート」に出演していた中山を、東宝が強引にひきぬいたため、花登筺と東宝が決裂した。1960年1月、大宝芸能から東宝演劇部に移る。1960年10月から1961年3月、芸術座『がしんたれ』では、菊田一夫の少年時代を演じた。

以後、東宝演劇部の専属俳優として舞台に出続けるかたわら、テレビやラジオでも活動した。主演テレビドラマでは、子役時代の『少年探偵シリーズ』(大阪テレビ放送)、『虹の国から』(TBS制作)、成人後の『お荷物小荷物』(ABC制作、佐々木守脚本)などがある。

テレビタレント

高校を卒業した翌年の1968年5月、東宝から独立してフリーとなる。同時に主たる活動の場をテレビに移した。1968年から1976年までの8年間、日本テレビ『お昼のワイドショー』の司会を務め、アシスタントながら自己の主張や個性を惜しげもなく表に現す司会ぶりを見せた。同時にテレビドラマに主演し、歌手としてもヒットを飛ばし、雑誌にエッセイを連載し、単行本を次々と出版。芸能界でも「この道一筋」が一般的だった時代に、その多彩な活動は目立ち、マルチタレント、才女などと呼ばれた。

しかし、テレビメディアに疑問を持ち、『お荷物小荷物・カムイ編』(ABC制作、1971年12月〜72年4月)の打ち上げで、以後ドラマには出演しないことを宣言してドラマから撤退、『お昼のワイドショー』を降板した1978年以降はじゃりン子チエ等の声優活動以外、タレントとしてのテレビ出演からもほぼ完全に撤退した。

最近では、「おんな組いのち」の活動の一環として2005年1月に開始したトーク番組「痛快!おんな組」(朝日ニュースター)のレギュラーコメンテーターとして月一回、テレビに姿を見せていた。

歌手


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。