お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

関取花



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

関取 花(せきとり はな、1990年12月18日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。血液型A型。

来歴

神奈川県横浜市出身。幼少期をドイツで過ごす。日本に帰国後、慶應義塾湘南藤沢高等部で軽音楽部に入部し、音楽活動を始める。

2009年、慶應義塾大学環境情報学部在学中に「閃光ライオット2009」に出場し、審査員特別賞を受賞する。その後、2010年7月21日に初のミニアルバム『THE』をリリースし、8月から9月にかけて「THE 夏巡業2010」と題したライブツアーを開催する。

音楽活動再開後、2011年に「RO69JACK 11/12」に出場し、入賞を果たす。また、2012年11月7日、『THE』以来2年ぶりの新作音源となるミニアルバム『中くらいの話』をリリースする。

2014年2月5日、ミニアルバム『いざ行かん』をリリース。このミニアルバムのリリースを記念して、3月22日に自身初のワンマンライブを開催する。

2015年9月2日、自身初のフルアルバム『黄金の海であの子に逢えたなら』をリリース、初のワンマンライブツアーを開催する。各所でソールドアウトとなった。

2016年10月5日、初シングル「君の住む街」をリリース。

2019年春、ユニバーサル・シグマよりメジャーデビュー予定。[1]

音楽性

エモーショナルでパワフルな歌声と、ユニークな音楽世界が特徴。ライターの成松哲は、ミニアルバム『いざ行かん』の収録曲について「彼女一流の独創的ながらもスムーズなメロディと、リリカルながらも力強い言葉を聴かせる6曲」と評した。関取自身は、自身の音楽について、幼少期をドイツで過ごしたことが影響していると述べている。

また、10代から20代になるにあたって音楽性も変化しており、1stアルバム「THE」では「10代が抱える心のえぐみ」を歌っていたが、「中くらいの話」以降は「もっと自分らしい歌を歌いたい」と各所で発言している。

歌唱スタイルについては、アコースティック・ギターによる弾き語りが「原点」であると述べている。

ディスコグラフィ

シングル

スタジオ・アルバム


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。