お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード新規入会で一生分のチケットが当たる!

山元護久



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山元 護久(やまもと もりひさ、1934年9月19日 - 1978年4月22日)は京都府出身の放送作家、児童文学者。

日本画家の山元桜月の私生児として京都に生まれる。早稲田大学文学部独文科在学中から、早大童話会より改名した少年文学会に所属。同会からの派生団体では『小さい仲間』のほか、小沢正と創刊した童話研究誌『ぷう』に参加。

早稲田大学卒業後放送作家となり、童話や絵本、子供向けテレビ番組で活躍。特に井上ひさしとの共作『ひょっこりひょうたん島』が人気を呼んだ。

1978年、仕事の打ち合わせ中に脳出血で急逝。享年43。

作品

台本構成

井上ひさしとの共作
  • 『ひょっこりひょうたん島』
  • 『アンデルセン物語』(東映劇場用アニメ版)
  • 『長靴をはいた猫』
  • 『ネコジャラ市の11人』(山崎忠昭と三人の共作)
  • 『忍者ハットリくん』(テレビドラマ版。共作ペンネームは服部半蔵)
  • 『ピュンピュン丸』(共作ペンネームはエンリコ・トリゾーニ)
山元単独執筆
  • 『アリババと40匹の盗賊』
  • 『おかあさんといっしょ』
  • 『できるかな』
  • 『ママとあそぼう!ピンポンパン』

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。