CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 河合雪之丞

河合雪之丞

河合雪之丞



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

河合 雪之丞(かわい ゆきのじょう、1970年〈昭和45年〉11月29日 - )は、日本の俳優。東京都中野区出身で劇団新派に所属する俳優である。現在の屋号は白兎屋(しらとや)。定紋は「雪輪に三つ兎」。本名は近藤 弦(こんどう げん)。

歌舞伎役者時代の旧芸名は二代目 市川春猿(にだいめ いちかわ しゅんえん)。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉桐(おもだかぎり)。

来歴

1988年、国立劇場第9期歌舞伎俳優研修を修了後、初舞台を踏む。同年7月、子供の頃からの憧れだった三代目市川猿之助に入門し、二代目市川春猿を襲名。1994年、猿之助の部屋子となり、猿之助が主宰する21世紀歌舞伎組に所属した。

1996年歌舞伎座賞受賞、2000年4・5月新橋演舞場のスーパー歌舞伎『新・三国志』の彩霞役で名題昇進。2007年松尾芸能賞新人賞を受賞している。

次代を担う女形のひとりとされていたが、2017年1月に劇団新派に入団し、芸名を「河合 雪之丞」(かわい ゆきのじょう)に改名した。芸名の由来は、姓の「河合」は新派で活躍した女形の河合武雄から、名の「雪之丞」は歌舞伎の師匠である二代目市川猿翁(三代目猿之助)が命名。屋号は「白兎屋」となった。

同時に3人の門人も新派に移籍。猿翁一門下の弟弟子である市川笑三が河合誠三郎、市川猿若が河合穂積、市川猿珠が河合宥季とそれぞれ改名した。

新派でも女形として活躍するほか、2021年7・8月には坂東玉三郎特別舞踊公演に出演、2年ぶりに京都南座の舞台に立った。2022年2月の博多座の公演にも出演が決定している。

2022年3月31日、所属事務所の株式会社ディーピーエヌを退所した。

人物

  • 家族は祖母・父・母・兄。父は画家でNHKの美術スタッフ、母は大学の職員、祖母は勤め人。
  • 黒胡椒好きで、自称「コショラー」(「胡椒を常に持ち歩く人」という意味の本人造語)。
  • 好き嫌いが激しく、嫌いな食べ物が多いと公言している。ねぎ、酢、ふきのとう、パクチー、にんじん、たらの芽、チーズなどが嫌いだという。ただ、チーズに関してはピザやドリアなどにのっている火の通ったチーズは大好物だという。
  • 声優の松野太紀と交友関係がある。春猿がカラオケ店で唄ったセガサターンのゲームソフト「サクラ大戦」の主題歌である「檄!帝国華撃団」を松野が聴いたのがきっかけで、サクラ大戦歌謡ショウで所作指導を行ったりゲスト出演した。
  • 趣味はダーツ、ゴルフ。

出演

バラエティ・その他

  • 歴史秘話ヒストリア「悪の華”は平安京の夜に開く〜キケンな貴公子、藤原頼長〜」(NHK総合)- 藤原頼長役

ほか多数

テレビドラマ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。