お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

柳家禽太夫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳家 禽太夫(やなぎや きんだゆう、1964年10月20日 - )は、神奈川県厚木市出身の落語家。落語協会所属。本名は鈴木 徳久(すずき のりひさ)。出囃子は『小のりさわぎ』。夫人は吉川英治夫人の姪の娘。

柳家禽太夫の「禽」の字は、2代目柳家小さんが亭号・名前としていた「禽語楼」から取られたものである。読みは同じだが使った字が違う名前に、5代目立川談志が最晩年に柳家金語楼一座で名乗った「柳家金太夫」がある。競輪やオートレースに造詣が深いことでも知られる。

略歴

  • 1983年4月 - 10代目柳家小三治に入門。入門時は角刈りで師匠小三治に「うちは感化院じゃねえんだよ。」と言われたという。
  • 1983年10月 - 前座になる。名は小のり。
  • 1987年9月 - 二つ目に昇進。
  • 2001年9月 - 真打昇進。禽太夫に改名。
  • 2002年 - 第7回 林家彦六賞受賞。
  • 脚注

    外部リンク

    • 柳家 禽太夫|一般社団法人 落語協会 - 落語協会によるプロフィール
    • 公式ブログ

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。