お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

川柳川柳



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

川柳 川柳(かわやなぎ せんりゅう、1931年3月23日 - )は 埼玉県秩父郡横瀬町生まれの落語協会所属の落語家である。本名は加藤 利男かとう としを。出囃子は『三味線ブギ』(※定期的に変わっている)。主に新作落語や漫談を得意とする。

経歴

  • 1946年 - 高等小学校卒業後父の勧めで東京に出て、さまざまな職業につく。
  • 1951年 - この頃酒販店にて住み込みで働く。これにより酒の味を覚え、入門後に度々泥酔騒動をおこす契機となる。
  • 1955年8月 - 6代目三遊亭圓生に入門。前座名はさん生
  • 1957年 - この頃泥酔し圓生の自宅玄関で脱糞する事件を起こす。後に『小川宏ショー』で白状するまで脱糞の件は圓生にばれずに済んだが、身に付けていた褌が圓生の机においてあったためその件で咎められたという。
  • 1958年9月 - 二つ目に昇進。
  • 1959年 - 東宝「落語勉強会」メンバーに選ばれるが騒動が起き、巻き込まれる形で除名される。新作落語へ転向するきっかけとなった。
  • 1960年代 - 『ラ・マラゲーニャ』を高座で披露したのをきっかけにテレビの仕事が増えるが、古典落語至上主義の圓生と溝ができ始める。
  • 1965年 - 『笑点』の前身番組『金曜夜席』の大喜利メンバーとして出演することが決まっていたが、1回目の収録をすっぽかしたことが司会の立川談志の怒りを買い、出演する間もなく、降板させられた。
  • 1974年9月 - 兄弟子5代目三遊亭圓楽のとりなしもあり、集団真打昇進(第二弾)の一人として真打昇進を果たす。しかし、新作やラテン音楽で売れたさん生に対し、古典落語至上主義であった圓生は最後まで抵抗の意思を捨て切れず、かつ協会による集団真打昇進への抗議のために真打昇進披露などの公式行事に一切参加をしなかった。
  • 1978年5月16日-17日、圓生から新しい協会「落語三遊協会」の説明などを受け、ついてゆくことにするが、帰宅後の酒の失敗から落語協会残留へと転向し、圓生より破門を宣告される。高座名はそのまま。
  • 1978年5月28日、圓生から高座名の返却を電話で要求される。その日のうちに楽屋で8代目林家正蔵(後の彦六)・小さんと相談し、「川柳川柳」と改名する。
  • 1997年3月 - 弟子の川柳つくしが入門。5月に楽屋入り。
  • 2013年9月 - つくしが真打に昇進する。
  • 師匠との関係

    • 師匠である圓生とさん生は決して相性が悪かったわけでは無い。さん生は圓生の理想とする咄家像とは異なり、新作落語のみの落語家だっただけである。
    • 川柳の著作によれば、圓生はジャズと義太夫を織り交ぜた、さん生のネタ『ジャズ息子』を聴き、さん生に義太夫について色々と教え、ジャズにも強い関心はなかったものの、理解してくれたとある。
    • さん生を新作落語へ転向させる原因となった東宝落語勉強会は、評論家の飯島友治が半ば無理強いで圓生に願い出た企画で、落語協会・落語芸術協会、双方から選ばれた二ツ目の落語を真打や素人の客にまで評価させるというものだった。メンバーの数人が企画者と意見が対立し除名された際、圓生一門からも誰かを除名させないと折り合いが悪い状態となってしまい、好生は自殺しかねない繊細さを考慮され矛先がさん生へ向いたと、この経緯は圓生の妻である山崎はなが本人に伝えている。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。