お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小池修一郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小池 修一郎(こいけ しゅういちろう、1955年3月17日 - )は、日本の劇作家・舞台演出家。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。愛称はイケコ。

略歴

慶應義塾大学文学部在学中に演劇研究会で活動する。当時はアングラ演劇の旗手・唐十郎に傾倒しており、宝塚の舞台はアングラ演劇などとほぼ対極の特殊な世界と考えていたという。しかし、宝塚歌劇の東京公演を観劇する機会があり(本人は立ち見料金が安かったからと回想)、題材に合わせてスターたちが日本人にも外国人にもなりきる姿に新鮮さを感じて印象が変化、その後宝塚観劇を重ねるようになる。東京宝塚劇場で演出助手の募集広告を見つけ、大学を卒業した1977年、宝塚歌劇団に演出助手として就職を果たす。

演出助手時代はショー作品の演出、構成の補佐にあたることが多く、長い助手時代を経て演出家デビューが決まった際も、デビュー作として当初ショー作品を企画していたが、結局劇団側から芝居を企画するよう求められ、1986年に宝塚バウホール公演『ヴァレンチノ〜愛の彷徨〜』と題したドラマ作品で演出家デビュー。以後、ドラマ作家・演出家としてキャリアを積む。

1989年、宝塚大劇場公演としてゲーテの名作『ファウスト 第一部』を大胆にアレンジした『天使の微笑・悪魔の涙』(主演:月組剣幸、こだま愛)を演出、劇団本拠で初めて演出を手掛ける。

1991年、演出作品『華麗なるギャツビー』(主演:雪組杜けあき、鮎ゆうき、原作:F・スコット・フィッツジェラルド)で第17回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

1992年にはシェイクスピア作『夏の夜の夢』を現代に置き換え、環境問題や人間の欲などの風刺を盛り込んで翻案した『PUCK』(主演:月組涼風真世、麻乃佳世)でも絶賛された。

1996年、ドイツ語ミュージカルのヒット作『エリザベート』の宝塚版上演の際、潤色・演出を担当。男役重視の宝塚の伝統から、オリジナルでは脇役の死神トートを主役に据え、トートを中心とした壮麗な恋愛劇に仕立て、日本の観客にわかりやすく構成したこともあいまって宝塚版のヒットに貢献、以後『エリザベート』(主演:雪組一路真輝、花總まり)は宝塚で再演の繰り返される人気作品となった(再演でも一貫して小池が担当)。2000年からは宝塚での絶賛を受けて製作された、東宝版にも演出で参加、また『エリザベート』の作詞・作曲コンビであるクンツェ&リーヴァイによる『モーツァルト!』も、2002年に東宝ミュージカルでの上演の際、演出に携わっている。

2006年、『NEVER SAY GOODBYE』(主演:宙組和央ようか、花總まり)では、ブロードウェイから作曲家フランク・ワイルドホーンを招いて協働した。

2007年、大阪で開催された2007年世界陸上選手権の開会式と閉会式等の総合演出を担当。その際に、歌劇団から雪組の主要男役メンバーによるユニット・AQUA5(水夏希、彩吹真央、音月桂、凰稀かなめ、彩那音)を招き、開会式でのパフォーマンスアクトに抜擢している。

2008年、『THE SCARLET PIMPERNEL』(主演:星組安蘭けい、遠野あすか)の日本初演の潤色・演出を手掛ける。同作は第34回菊田一夫演劇賞・大賞を受賞。

2009年には、韓国の人気ドラマ『太王四神記』(宝塚での主演:花組真飛聖、桜乃彩音)、映画『カサブランカ』(主演:宙組大空祐飛、野々すみ花)の世界初のミュージカル化に伴い、脚本・演出を担当。これらの功績が認められ、2010年に第35回菊田一夫演劇賞・大賞を受賞する。

2014年、紫綬褒章を受章。現在も宝塚歌劇団所属の演出家として、宝塚歌劇や外部舞台作品などの演出で活躍中。

演出家像

  • 小池自身、宝塚の魅力として、男役を生かす舞台展開と題材の豊富さを挙げている。また惹かれる人間像については、理想のため情熱を燃やしながら現実に敗れてしまう悲劇的な人間に魅了されると語っている。これらの傾向からか、小池のオリジナル作品では、作品の中心人物たちの理想や生きがいは周囲に理解されず、その点が悲劇に繋がっていくという設定もよく見受けられる。
  • 『ヴァレンチノ』や『華麗なるギャツビー』、『JFK』、『失われた楽園』、『カステル・ミラージュ』など宝塚での演出作品ではアメリカをよく舞台に取りあげている。
  • 近年は一本物の大作を任されることが多くなっている。

エピソード


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。