お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

トーベ・ヤンソン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

トーベ・マリカ・ヤンソン(Tove Marika Jansson [tu?ve mari?ka j??ns?n]?( 音声ファイル)、女性、1914年8月9日 - 2001年6月27日)は、フィンランドのヘルシンキに生まれたスウェーデン語系フィンランド人の画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家である。

略歴

スウェーデン系フィンランド人彫刻家の父ヴィクトル・ヤンソンとスウェーデン人画家の母シグネ・ハンマルステン・ヤンソンの長女(姉弟は弟が2人ペル・ウーロフ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン)として生まれ、自然に絵を覚えた。15歳で政治風刺を中心とする雑誌『ガルム』の挿絵を描き始める。10代から20代にかけてはストックホルムの工芸専門学校、ヘルシンキの芸術大学、パリの美術学校などへ通った。代表的なキャラクターのムーミン・トロールは、小説としての『ムーミン』シリーズの執筆(1939年、発表は1945年)よりも早く1944年頃から『ガルム』誌に挿絵として登場する。1966年に国際アンデルセン賞作家賞、1984年にはフィンランド国民文学賞を受賞。2つの自画像の油絵があり、20代の“タバコを吸う娘”と60代の“自画像”である。若い時から酒とタバコが好きであった。

日本ではあまり知られていないが、一般向けの小説(トーベ・ヤンソン・コレクションとして刊行)も多く書いている。日本でもムーミンシリーズ誕生60周年の2005年からあいついで文庫本(『トーベ・ヤンソン短篇集』・『誠実な詐欺師』)として発刊され、再評価されている。作家として世界的に有名であるが、本国フィンランドでは画家としての評価も高く、特にフレスコ画の手法を用いた国内の公共建築の壁画など多く作品を残している。

私生活でのパートナーはグラフィックアーティストのトゥーリッキ・ピエティラ(Tuulikki Pietil?、1917年2月18日 - 2009年2月23日)。彼女は、ムーミン谷博物館に納められた数多くのムーミンフィギュアやムーミン屋敷の制作でも知られ、作品『ムーミン谷の冬』に登場するトゥーティッキー(おしゃまさん・おでぶさん)のモデルともなっている。

また、二人が30年近く夏を過ごし、多くのムーミンシリーズを含む作品が生み出されたバルト海のクルーヴハル島での生活は、1993年映画『Travel with Tove』、1996年、クルーヴハル島の記録『島暮しの記録』(トゥーリッキの挿し絵)出版、1998年クルーブハル島での生活の映画『Haru - the island of the solitary』に垣間見ることができる。

1971年と1990年それぞれフジテレビと、テレビ東京でのアニメーション放映の関係で招待され、2度来日している。

年表

  • 1914年: フィンランドのヘルシンキに生まれる。
  • 1930年 - 1933年: ストックホルム芸術学校に在籍。
  • 1933年 - 1937年: フィンランド芸術アカデミー美術学校に在籍。なお『ガルム』誌には 1930年代から1953年まで掲載。
  • 1945年: 『小さなトロールと大きな洪水』を発表。ムーミンシリーズ最初の作品。
  • 1952年: 『ムーミン谷の彗星』『楽しいムーミン一家』の2作品が英訳される。
  • 1954年: 英イブニング・ニュース紙でムーミンコミックスの連載開始。トーベ・ヤンソンは 1959年まで描き、スウェーデン語で書いた台詞を末弟のラルスが英訳、数作の物語案もラルスが出す。母親のシグネの「コミックスは、ラルスが書く様に」との言葉を受けて以降、ラルスが制作を引き継ぎ 1975年まで連載していた。
  • 1965年: トーベ・ヤンソン作詞エルナ・タウロ作曲の "H?stvisa" (フィンランド語 "Syyslaulu" 、英語 "Autumn Song") がフィンランド国営放送音楽賞で3位を受賞。
  • 1966年: 国際アンデルセン賞を受賞。
  • 1970年: 『ムーミン谷の十一月』を発表。小説としてのムーミンシリーズはここで終了し、このころから別の小説の執筆を始める。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席(大人):3,500円
S席(子ども):1,750円
A席(大人):2,500円
A席(子ども):1,250円
(全席指定・税込)
2019年7月27日 (土) 〜
2019年7月28日 (日)
日生劇場