お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

オニール八菜



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

オニール 八菜(オニール はな、英: Hannah O'Neill、1993年1月8日 - )は、東京都世田谷区出身のバレエダンサーである。3歳からバレエを始め、8歳で父親であるクリス・オニールの故郷のニュージーランドに移住した。2008年にオーストラリアバレエ学校に入学し、2011年に首席で卒業した。同年、パリ・オペラ座バレエ団とシーズン契約を結び、2013年に正式団員となった。その後昇進を続けて、2016年1月にプルミエール・ダンス―ズに昇格した。コンクールでの受賞歴は数多く、主なものとしてはローザンヌ国際バレエコンクール(2009年)、ユース・アメリカ・グランプリ(2010年)、ヴァルナ国際バレエコンクール(2014年)などである。2016年、バレエ界のアカデミー賞といわれるブノワ賞を受賞した。

経歴

幼少期

東京都世田谷区の出身。ニュージーランド人のラグビー選手であるクリス・オニールと日本人の母との間に生まれた。名前については、8日生まれで英語でも発音しやすいからという理由で命名されたという。バレエを始めたのは3歳のときで、岸辺光代に師事した。体を動かすことが好きで、乗馬やスキー、走高跳にも取り組んでいた。指導者の岸辺は幼いころのオニールについて「小柄で、目がきょろきょろしていてネズミさんみたいでしたよ」と回想していた。岸辺の指導は厳しく、「トウシューズで2回転できるまで、ニュージーランドに帰さないよ!」などと言われていたが、高い技術を体得することができた。

クリスの現役引退を機に、彼の故郷であるニュージーランドに移り住んだのは8歳のときであった。大好きなバレエを辞めることは全く考えなかったため、母親が見つけてきたマウント・エデン・バレエ・アカデミーに入学してバレエを続けた。

ニュージーランド移住後も夏休み(ニュージーランドは南半球に位置するため日本では冬となる)を利用して日本に戻り、学校とバレエ教室に通っていた。日本とニュージーランドを往復する生活は、友達に会えるのが楽しかったため苦にならなかった。日本滞在時には、バレエコンクールに出場した。当初は4位や5位の成績が続いたものの、岸辺から見てオニールが落ち込む様子はなかったという。小柄だったオニールは中学生になると背が高くなり、20代になると172センチメートルまで伸びた。それとともに、コンクールでの成績もよくなってきた。中学2年生のときまでは、年末年始の合計6週間ほどを東京で過ごし、学校にも通っていた。

本人はパリ・オペラ座バレエ学校とパリ・オペラ座バレエ団に幼いときから憧れていて、13歳か14歳頃にパリ・オペラ座バレエ学校宛にビデオを送っていたがそのときは何の返答もなかった。その直後の2007年にユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)に参加して好成績を収め、オーストラリアバレエ学校のスカラシップを獲得した。パリ・オペラ座バレエ学校とパリ・オペラ座バレエ団に入りたいという夢はあったものの、ビデオの返事がなかった時点で無理かと思い、2008年にそれまで年に数回、インターナショナル・トレーニング・プログラムに参加していたオーストラリアバレエ学校(en:Australian Ballet School)で本格的にバレエに取り組むためにフルタイムの学生として入学した。

オーストラリアバレエ学校在学中の2009年に、本番の舞台でトウシューズのひもがほどけるというハプニングに見舞われたものの、ローザンヌ国際バレエコンクールで1位(スカラシップ)を獲得した。2010年には再度YAGPに参加して、シニア女子の部1位に入賞した。YAGP参加後に受けたインタビューで、同席したオーストラリアバレエ学校の校長から「最初のYAGPのとき、エリザベット・プラテル(パリ・オペラ座バレエ学校校長)も来ていて、実は彼女も君を欲しがったんだ」という話を聞かされた。そのときはオーストラリアの方が当時オニールの住んでいたニュージーランドから近いという理由で、プラテルが譲ったような形になっていた。その話を聞いたオニールは、パリ・オペラ座バレエ団の入団オーディションを受けることを決意した。

パリ・オペラ座バレエ団へ

オニールは2011年にオーストラリアバレエ学校を首席で卒業した。卒業後にパリ・オペラ座バレエ団の入団オーディションを受けたものの、パリ・オペラ座バレエ学校出身ではなく外部から受験したオニールの結果は4位に終わっていた。先に入団を決めたのは、パリ・オペラ座バレエ学校から受験した男女であった。パリ・オペラ座バレエ団への入団という目標を失ったオニールは、当時住んでいたオーストラリアへの帰国の途についた。しかし帰国の途上で、シーズン契約決定の電話を受けた。

オニールは2011年にパリ・オペラ座バレエ団とシーズン契約を結び、2年間カドリーユとして踊っていた。入団当初は言葉の壁もあって、パリ・オペラ座バレエ学校を卒業して入団した周囲のダンサーたちとの距離も感じたというが、1年ほどで打ち解けることができた。ダンサーとしても、ワガノワ・メソッドの流れを汲むオーストラリアバレエ学校と「シンプルでエレガント」なパリ・オペラ座のスタイルの違いに戸惑い、慣れるまでに時間がかかった。少しでも早くパリ・オペラ座のスタイルを身に着けようと強く意識して、休日以外は毎日レッスンに出た上にさらに個人レッスンも受けていた。

2013年、その実力が認められて正規団員となり、以後はコリフェ(2014年)、スジェ(2015年)と毎年のように階級を上げた。

2014年には、ヴァルナ国際バレエコンクールに出場して銀賞(金賞該当者なしのため同年の最高賞)を受賞した。ヴァルナへの出場を決めた理由は、当時コリフェとして舞台に立っていたため群舞ではなかなかパ・ド・ドゥを踊るチャンスがないため、コンクールを通してパ・ド・ドゥで舞台に立つという経験をもちたかったためであった。パートナーは同年にパリ・オペラ座バレエ団に入団したジェレミー・ルー・ケールで、オニールとは同年齢でもあった。コンクール出場に際して、オーレリー・デュポンからは『グラン・パ・クラシック』と『ドン・キホーテ』、アニエス・ルテステュからは『ジゼル』2幕のパ・ド・ドゥの指導を受けた。コンクールの直前、7月16日までパリ・オペラ座バレエ団で舞台に立ち、その翌日にヴァルナに入って18日にはコンクールが始まるという強行日程で、しかも決勝に残るには、パ・ド・ドゥを5演目(クラシック3、コンテンポラリー2)を踊らなければならなかった。コンクールの結果、オニールは銀賞、ケールは銅賞獲得を果たしている。

スジェに昇進後の2015年4月、『白鳥の湖』で主役デビューを果たした。オニールは『白鳥の湖』について「憧れの作品で主役デビューできるなんて。群舞の立場から見ていた主役を自分が演じるのは不思議な感じがしました」とその喜びと驚きを語り、観客や批評家にも好評であった。2016年1月にはプルミエール・ダンス―ズに昇格したが、オニール自身もそのスピードに驚いていた。

エトワールを目指して

オニールには『白鳥の湖』を鑑賞した振付家のピエール・ラコットから「自分がイメージしたヒロインだ」と、『パキータ』主演のオファーを受けるという幸運が重なっていた。オファーがあったのは本番のわずか2週間半前というあわただしさだったが、オニールが踊り演じた『パキータ』のタイトル・ロールは高い評価を受け、バレエ界のアカデミー賞といわれるブノワ賞にノミネートされた。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<カンフェティ取扱チケット>
先着限定!
S席:14,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。6/15(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年7月27日 (土)
大阪フェスティバルホール
販売終了