お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

湖月わたる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

湖月 わたる(こづき わたる、1971年6月28日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。

埼玉県出身。梅田芸術劇場所属。放送大学教養学部教養学科心理と教育コース卒業(2012年)。

本名は三澤 陽子(みさわ ようこ)。身長174センチ。血液型B型。愛称わたるさんわたるくんわたさん。日舞花柳流の名取で、名取名は花柳湖月

来歴

三人兄弟の第三子として出生。家族は両親と兄ふたり。幼少よりリトミックなどを習っていた。小学生のとき、『ジャワの踊り子』で宝塚歌劇と出会い、「長身を生かせる」と志望。

1987年宝塚音楽学校に合格。卒業後の1989年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は6番。星組公演『春の踊り/ディガディガドゥ』で初舞台を踏む。75期生。同期に伊織直加、嘉月絵理、美穂圭子、AYAKO(宝樹彩)、久城彬らがいる。翌1990年に星組に配属。

長身を活かしたダイナミックなダンスと、男役の申し子的な容姿でスター候補生とみなされ、早期より注目されていた。また、当時は星組男役層が厚く、多くの上級生に指導を受けられたことも後の宝塚生活に好影響を及ぼす。

1992年、ニューヨーク特別公演メンバーに選ばれる。

1994年、『若き日の唄は忘れじ』の文四郎役で、新人公演初主演。同年には自身2度目の海外公演・ロンドン公演に出演。

1997年には『夜明けの天使たち』で日本青年館公演初主演。直後に3度目の海外公演、香港公演に出演。そのまま宙組の立ち上げ要員に選ばれ、3番手として異動となる。

2000年、姿月あさと退団に伴い宙組2番手へ昇格するも、直後に「新専科」に異動となる。同年12月シアタードラマシティ公演『月夜歌聲』に主演。朝海ひかる(元雪組トップスター)との共演となった。

2002年日生劇場で行われた特別公演『風と共に去りぬ』にアシュレ役で出演。この時点で新専科としては唯一の全5組出演を達成する。同年6月 - 7月には、初の外部主演となる『フォーチュンクッキー』に出演。男役のイメージを覆す等身大の女の子を演じる。

2003年、全国ツアー『蝶・恋(ディエ・リエン)/サザンクロス・レビュー3』で星組トップスターに就任。相手役には専科から檀れいをむかえる。大劇場お披露目公演『王家に捧ぐ歌』は芸術祭演劇部門優秀賞を受賞。

2004年、前年に星組トップスターに就任したことから、入間市より「元気な入間・生き生き功労賞」を受賞(第4号)。

2005年、檀れいの退団に伴い、相手役に雪組から白羽ゆりをむかえる。全国ツアー『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』が新トップコンビのお披露目公演となった。また、『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!』は、劇団史上初となる韓国公演でも上演。自身にとっては4度目、トップとしては初の海外公演だった。

2006年『ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−』でフェルゼン役で主演。また特別出演により雪組公演(オスカル編)にも出演。同年11月12日の『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム』東京公演千秋楽にて退団。

2007年5月退団後初の作品『DAMN YANKEES くたばれ!ヤンキース』ではキュートで愛らしい女性を演じ、新境地を開いた。退団時に宣言していた学業も続け、高卒認定を取得。放送大学で心理学と教育学を中心に専攻し、卒業した。『カラミティ・ジェーン』『愛と青春の宝塚』『絹の靴下』等数々の話題作に出演。ダンスの分野に於いても、NYダンスカンパニーTHE MOVEMENT初来日公演に紅一点参加、ラスタ・トーマス、グスタヴォ・ザジャック氏招聘公演『BAD GIRLS meet BAD BOYS』シリーズではNY・アルゼンチンタンゴダンサーと共演し、活躍の場を広げている。2012年『DANCIN' CRAZY 2』でヴェルマを演じた時からダンス・歌・英語の個人レッスンを重ね、2014年『シカゴ』宝塚歌劇OGバージョンの閉幕後も英語の発音矯正を学び、2015年湖月が送った英語台詞のビデオがニューヨーク・ブロードウェイの『シカゴ』プロデューサーとクリエイティブチームに認められ、2015年12月アメリカ・カンパニー来日公演『シカゴ』全編英語上演(日本語字幕あり)における限定出演が決定した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。