CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 多田野曜平

多田野曜平

多田野曜平



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

多田野 曜平(ただの ようへい、1962年3月10日 - )は、日本の俳優、声優。福岡県北九州市出身。テアトル・エコー所属。

経歴

小学生の頃から漠然と「俳優になりたい」と思っていたという。高校卒業後、日活芸術学院の監督コースへ在籍した時期がある。

1981年、琉球大学在学中に小劇場・沖縄ジァンジァンの演劇実験室「観客席」へ入団。大学卒業後はトヨタへ就職しセールスマンをしていたが、後にリンガーハットに転職して上京。だが、約半年後に俳優への道を諦められず仕事を辞め、しばらくはいくつかの劇団を渡り歩いた。

1988年、友人の勧めもありテアトル・エコー附属養成所へ入所。1990年4月からはテアトル・エコーへ研究生として所属し1994年4月に準劇団員昇格、2000年4月に劇団員に昇格した。

声優としては、1993年に『聖者の眠る街』の吹き替えでデビュー。しばらくは吹き替えでの活動が主だったが、2006年に出演の『姫様ご用心』以降はアニメにも多く出演している。

2019年2月27日からは、北九州市観光大使を務めている。

人物・エピソード

幅広い役柄をこなす。本人曰く「チビ、ハゲ、小動物、エイリアン」の役を演じる機会が多いとのこと。ディズニー作品への出演も多い。

所属する劇団テアトル・エコーの先輩である二見忠男に顔が似ている。同劇団の入団試験もそれが理由で合格しており、舞台で古い芝居をする際は二見の役を継承している。声質については、同じく劇団の先輩である山田康雄と似ている部分があり、吹き替えで山田の代役や後任を行うことが多い(下記)。

『スター・ウォーズ 反乱者たち』以降、死去した永井一郎の後任としてヨーダ役を担当しており、『キングダム ハーツIII』では肝付兼太に代わってジミニー・クリケット役を担当している。また『荒鷲の要塞』吹替版では青野武の代役も担当している。

最初は声優になるつもりはなかったが、テアトル・エコーが声優活動を行う人物が多数いたことで始めるようになった。また、入団時の新人紹介では「この人たちの声、みんな聞いたことある!」と、子供の頃からテレビで知っている声の人物が大勢いたため感激したという。

好きな言葉は「謙虚につつましく」。

山田康雄とクリント・イーストウッド

2009年、『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』の2作品においてDVDに過去のテレビ版吹き替えが収録されることとなり、当時カットされた部分の追加収録を行うこととなったが、クリント・イーストウッドの専属声優であった山田康雄が逝去していたため、多田野が代役として追加収録を担当することとなった。多田野が選ばれた理由は、アニメ『姫様ご用心』で多田野が演じたレスリーの声を聞いた20世紀フォックス(発売元)の担当者が「山田に雰囲気が似ている」と評したためだったという。

追加収録の際、多田野は昔からイーストウッドが好きで、彼の主演作をいつも見ていたことを明かし、イーストウッドの声を演じるのは夢であり「心底うれしい。演じたくてしょうがなかった」と公言している。また、吹替えるにあたり、「イーストウッドを演じることは、山田さんを演じるということ。山田さんが持っている雰囲気をどうやって出すか、近づけるか…」ということを考え、彼の声を持っている色気やガンマンという設定に気をつけて演じるため、『夕陽のガンマン』を朝から晩まで見ていた。一方で弊害もあったといい、本番を数日後に控えた舞台稽古で、「演技が山田さんの真似のようになってしまい、共演者からのダメ出しが凄かった」と語っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。