お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

堀畑裕之



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

堀畑 裕之(ほりはた ひろゆき)は日本のファッションデザイナー。大阪府堺市出身。現在は東京都在住。

来歴

浪速高校卒業後、同志社大学文学部に進み、同大学院でドイツ哲学を専攻。修士論文は「カントの理性神学批判 - 存在の根拠、理性の深淵をめぐって」であった。 大学院時に、KCI主催の「モードのジャポニスム展」でモードに強い興味を抱き、また、哲学者鷲田清一のモード関連の著作にも感銘を受けた。

1995年に文化服装学院アパレルデザイン科に入学。後にパートナーとなる関口真希子と出会い、共同で舞台衣装、ウエディングドレス、ヘアーショー、また、コンテンポラリーダンスの衣装などを制作。装苑賞では山本耀司と山本寛斎により2度ノミネートされた。

1998年に株式会社コム・デ・ギャルソンに入社、パタンナーとして川久保玲によるレディースのパリコレクションラインを担当。

2003年、コム・デ・ギャルソンを退社し、ロンドンに移住。トルコ人デザイナーBora Aksuのアトリエで働く。

2005年、東京で「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに服飾ブランドmatohu(まとう)を関口真希子と共に設立。同名義で2006年より東京コレクションに参加している。

2008年 「洋服と和服の橋渡し」を目的としたブランド「纏 ten 」を展開。同年スペインで開催されたサラゴサ万博において日本館のユニフォームをデザインした。

2009年、毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞する。

2011年、青山スパイラルビル、熊本市現代美術館において「matohu 慶長の美」展が開催された。

2012年、金沢21世紀美術館 において四ヶ月に渡り「matohu 日本の眼 日常にひそむ美を見つける」展が開催された。

2015年より 朝日新聞夕刊で『言葉の服』というコラムを執筆している。

関連項目

  • 毎日ファッション大賞

外部リンク

  • matohu

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。