CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 尾崎由香

尾崎由香

尾崎由香



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

尾崎 由香(おざき ゆか、1993年5月15日 - )は、日本の声優、女優、歌手、タレント。東京都出身。研音所属。旧芸名は尾崎 千瑛(おざき ちあき)。

来歴

0歳の頃にパンフレットに写ったことを芸能活動の始まりとしており、5歳の頃安達祐実主演の舞台『オズの魔法使い』を見たのが契機になって女優になりたいと強く思ったという。

2000年のNHK『葵 徳川三代』の和姫役でデビュー。当時は「尾崎千瑛」という芸名でサンミュージックブレーンに所属し、子役として活動していたが、2015年に事務所を退所し、芸能活動を仕切り直そうと模索していたところを、声優事務所響からの勧誘を受け、同年4月21日に西本りみと共に正式に響へ移籍し、芸名を「尾崎由香」に改名。

2015年9月19日開催の「ミルキィホームズ 秋の大運動会」における“放送部”としてのPV・場内アナウンスが声優としての初仕事となり、2016年に『ラクエンロジック』のコーナーアニメ『私たち、らくろじ部!』の主人公・須木菜乃花あど役でアニメデビューを果たす。その後もラクエンロジック関連の店舗イベントや初心者講習会などに多数出演している。

同じ事務所の伊藤彩沙と声優ユニット・アヤユカを結成し、茨城県公式インターネット動画サイト「いばキラTV」にて番組を担当していた。2017年末で終了。

2016年7月には講談社「ミスiD」のセミファイナリストに選出。応募までは事務所に黙って送付していたという。9月11日までのセミファイナリストとして活動の結果、翌日付のCHEERZランキング3位・アー写.comランキング10位を獲得し、正式発表に先駆けてファイナル進出が確定した。

2017年にはテレビアニメ『けものフレンズ』のサーバル役に抜擢され、30分枠アニメの初レギュラー作品となる。

2018年3月、第12回声優アワードにて「どうぶつビスケッツ×PPP」として歌唱賞を受賞。

2018年5月16日、響の主催によって人生初の「尾崎由香生誕祭2018」イベントをLOFT9 Shibuyaにて開催、その様子をニコニコ生放送でも響チャンネルで配信。サプライズ情報として自身の夢の一つ、2018年8月1日、ワーナーミュージック・ジャパンよりCDシングル「LET'S GO JUMP☆」(『少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん』(NHK Eテレ)第3期OPテーマ)で歌手としてソロデビュー。また、尾崎由香1st写真集を7月19日発売する事も発表しイベント内で歌を披露後、WEBニュース芸能関連が一斉に発表する。その時のMCであった同じ事務所の遠野ひかるが尾崎の指名であることも話に出ている。

2018年6月11日、『ビッグコミックスピリッツ』28号(小学館)で表紙、巻頭グラビアを初めて飾る。また、週刊ビッグコミックスピリッツの公式サイト内でメイキングを期間限定公開された。また同日、テレビ東京アニメ公式「あにてれ」サイト内で先行して「LET’S GO JUMP☆」のMVがフルで公開、翌日の6月12日にはワーナーミュージック・ジャパン/尾崎由香オフィシャルサイト内及びYouTubeにMVを公開した。

2018年7月19日、尾崎由香1st写真集『ぴ(ゅ)あ』(講談社)発売。『FRIDAY』(講談社)での先行写真がYahoo! JAPANのニュース記事になる。

2018年8月1日、ワーナーミュージック・ジャパンより「LET'S GO JUMP☆」を発売した。

2018年11月30日、愛猫との日常を描いたコミックエッセイ『ぴゅあとぴあ』を発売した。原作(尾崎由香)漫画(しろくま)にて猫の事や声優の事など日々を4コマで描く。

2019年5月末日で響との専属マネージメント契約を満了し、6月1日からは研音へ移籍した。

2021年5月14日、新型コロナウイルスへの感染を公表した。5月20日、療養期間を終え仕事復帰したことを報告。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。