お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

うわの空・藤志郎一座



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

うわの空・藤志郎一座(うわのそらとうしろういちざ)は、日本の劇団である。1998年結成。上演される劇は座長の村木藤志郎作によるオリジナル作品が主。

概要

  • 1998年旗揚げ。劇団名の名付け親は、放送作家の高田文夫。
高田が大好きな喜劇集団”雲の上団五郎一座”から由来はきており、”雲の上”より高いところへ、という意味と、言葉が持つぼーっとしたのんきなイメージを、くだらない笑いに溢れた舞台に当てはめたダブルミーニング。
  • 「東京の喜劇」を意識した、座長・村木藤志郎作によるオリジナル作品を上演し続けている。
台本がない『口立て』で作品を作っていくのが大きな特徴。役者に任せられたセリフ回しは余計な力が入らないリアルさを持ち、独特の空間を生み出している。劇団の舞台活動は、春と秋、年2回の本公演と、年4〜5回のお笑いライブ。東京中心に活動しているが、近年は名古屋、大阪、札幌でも本公演を行っている。
  • 2004年ゴールデンイウーク紀伊国屋ホールに進出、以後ゴールデンウイークの紀伊国屋ホールはうわの空・藤志郎一座が公演を行っている
  • 漫画家のみずしな孝之が役者として劇団に在籍していた。自身の劇団での活動も、4コマ漫画として「月刊まんがライフ」にてかつて連載をしていた(「うわの空チュートリアル」〜2014年7月)。
  • シュノーケルのボーカル西村晋弥が2010年より参加。ミュージシャン活動と並行して活動している。
  • 落語家の弟子を主役に寄席の楽屋を描いた作品『悲しみにてやんでい』が映画化。
TOKYOてやんでぃ〜The StoryTeller's Apprentice〜というタイトルで2013年公開。ぴあ初日満足度ランキング1位(2013.2.23)(クレジットでは原作:うわの空・藤志郎一座、脚本:村木藤志郎・土田真巳・神田裕司)。

略歴

  • 1998年、村木藤志郎、高橋奈緒美、島優子、小栗由加、土田真巳らのメンバーを中心に結成にされる。
  • 1998年 旗揚げ公演『水の中のホームベース』/第1回リプトン演劇祭 最優秀賞受賞
  • 1999年 第3回公演『桜-SAKURA-』に高田文夫、春風亭昇太、立川志らく、柳家花緑らが客演(客席には人間国宝柳家小さんの姿が)
  • 1999年8月 お江戸日本橋亭にて、劇団員によるお笑いライブうわの空LIVEスタート(以後年に3〜4回上演)
  • 2001年 第9回公演『水の中のホームベース』で初の名古屋公演
  • 2001年 夏の本公演『水の中のホームベース』/シアターグリーンフェスティバル グリーン大賞受賞(SET以来27年振りの大賞)
  • 2003年 みずしな孝之入団
  • 2004年 第17回公演『水の中のホームベース』で初の紀伊国屋ホール公演。以後毎年ゴールデンウイークに公演
  • 2006年5月 札幌BLOCHにて初のうわの空LIVE 北海道初上陸
  • 2006年6月 番外公演として別役実の『雰囲気のある死体』上演。台本を一字一句変えずにうわの空スタイルで別役作品を好演。
  • 2007年3月 みずしな孝之のネタ中心のライブ『しなまつり』スタート。(以後毎年上演)
  • 2008年1月 うわの空LIVE50回記念ライブを北沢タウンホールにて開催。福本伸行、千葉繁、石井正則らからビデオレター
  • 2010年 ロックバンドシュノーケルのヴォーカリスト兼ギタリストの西村晋弥入団
  • 2011年10月 第34回公演『面白半分』で初の札幌での本公演
  • 2012年2月 『面白半分』にて初の大阪公演

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席自由(前売):3,500円(税込)
    2019年10月12日 (土) 〜
    2019年10月13日 (日)
    メルシアーク神楽坂