CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小宮孝泰

小宮孝泰

小宮孝泰



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小宮 孝泰(こみや たかやす、1956年3月11日 - )は、日本の俳優、お笑いタレントである。所属事務所はオフィスPSC。以前は石井光三オフィスに所属。

来歴・人物

神奈川県小田原市出身。神奈川県立小田原高等学校を卒業後、1979年に明治大学を卒業する。

高校では三田超人(ヒカシュー)らとともに落語研究会を創部した。明治大学でも落語研究会に所属し、三宅裕司、立川志の輔、立川談之助らの先輩や、渡辺正行や立川談幸などの同期らと落語を研鑽した。この経験は2002年にゲスト出演したテレビドラマ『相棒』(Season 1 第3話)での落語家役に活かされ、劇中では『手紙無筆』を披露した。

大学在学中の1976年、落語研究会と並行して劇団テアトル・エコー養成所に入所する。1978年には研究生となるも、同年に退団する。

明治大学の同級生だった渡辺正行の誘いを受け、養成所で一級上だったラサール石井を含めた3人で、1979年に渋谷道頓堀劇場でお笑いトリオのコント赤信号を結成する。

テアトル・エコー養成所時代に内部の声優試験に合格したことから、声優としても『宇宙戦艦ヤマト』シリーズや『新・エースをねらえ!』などに参加し、2000年からはテレビアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で擬宝珠夏春都役を演じた(同作の舞台版でも同役を演じた)。

1991年、三田超人のプロデュースにより、M.C.ハマーのパロディである「MCコミヤ」名義でCDシングルをリリースする。

1984年の「赤信号劇団」旗揚げ以降は、タレント活動とともに俳優活動にも力を入れるようになる。1990年代以降はお笑いタレント(芸人)としての活動よりも俳優としての活動がめざましく、独り舞台、舞台プロデュース、英語劇などに精力的に取り組んでいる。2004年には文化庁文化交流使としてロンドンに演劇留学し、ITI国際演劇協会の会員にも就任した。

同年、熱海五郎一座のもととなる伊東四朗一座の旗揚げに参画する。コント赤信号としての活動がない現在でも、渡辺やラサールと共演する舞台劇も少なくない。

私生活では1991年にテレビ番組のロケで知り合った14歳年下の女性と結婚。2001年に夫人が乳がんを発症し治療を続けたが、2012年に夫人とは死別している。

MCコミヤ

1991年にM.C.ハマーの曲をカバー(カバーというよりも原詞の意味を無視した替え歌に近い)し、「MCコミヤ」(M.C.Kommier)名義でCDをリリースした。ミニアルバムのタイトルは『プリーズ・コミヤ・ドント・ハーテム』で、ハマーの代表曲『U can't touch this』中の「Can't Touch This」というフレーズを曲名の由来にした『ケンタイキ』や『遣唐使です』が収録されていた。ヒカシューのメンバーである三田超人(Mita Freeman)が日本語詞を作詞し、アルバムをプロデュース、巻上公一もゲスト参加したことで、テクノ・ラップ歌謡のマニアにも注目されることとなった。『ケンタイキ』の後半でナレーションを担当しているのは渡辺正行。テレビ番組などで歌う場合は自主規制に配慮し、「ハメたい」を「休みたい」、「やめたい」に変更し歌っていた。

「MCコミヤ」は2007年のTBS『オールスター感謝祭'07春』の問題としても登場し、「バブル当時に一世風靡したこの曲を歌っているのはどちら?」という二択問題で7人が間違えたため、会場は爆笑の渦となった。

2022年1月22日の映画「桃源郷的娘」舞台挨拶では、「(MCコミヤを)時々『やって』って言われるんですけれど、全然できないんですよね」と加齢による限界を語っていた。

ディスコグラフィー
  • 遣唐使です 〜ちょっと目立たない〜(1991年7月5日、東芝EMI、TODP-2288) - 8cmCDシングル
  • プリーズ・コミヤ・ドント・ハーテム(1991年7月5日、東芝EMI、TOCP-6750) - ミニアルバム。CDジャケット帯には「在日記念盤!!」と記載されている。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。