お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

浜亮太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

浜 亮太(はま りょうた、1979年11月21日 - 、本名:濱 亮太、読み同じ)は、大阪府茨木市出身のプロレスラー、元大相撲力士。大日本プロレス所属。

1994年から2008年まで、大相撲八角部屋所属の力士として活動した。四股名は北勝嵐(ほくとあらし)、最高位は幕下6枚目。。

力士時代は身長175cm、体重182kg。プロレスラー転向後は、公称体重189kgとされていたが、実際には体重は200kgを超えており、一説には203kgとも言われていた。2016年3月18日放送のさんまのコンプレッくすっ杯では、体重が225kgであると公表した。身長はヘビー級としてはかなり低めだが、体重に至っては日本出身プロレスラー史上最重量となる。

経歴

大相撲時代

1994年、大相撲の八角部屋に15歳で入門し、1995年7月場所に濱の四股名で初土俵を踏む。1997年11月場所から北勝嵐と改名し、3場所全休で序二段まで下がった1999年7月場所で序二段優勝、2001年9月場所には幕下優勝を飾り、翌11月場所では自己最高位の東幕下6枚目に昇進した。頭でぶちまかす突き押し相撲を得意としたが、ケガが多くたびたび休場を繰り返し、2008年5月場所には両膝膝蓋骨を脱臼したため、この場所限りで引退した。断髪式には、横綱の白鵬も駆けつけた。

プロレス時代

全日本プロレス

2008年、プロレスラーに転向を決意し、7月に全日本プロレスに入団。頭を丸めて1日目から練習生として入寮し電話番やちゃんこ番をこなしたという。

7月14日、事務所で入団会見を行う。武藤敬司と共に出席し「体重があるのに動ける吉江豊選手が目標」と語った。

武藤は「歳も歳だしゆっくりしていられない」と語り努力次第でデビューも近いかもしれないと語っていた。

そして11月3日の両国国技館大会という大きな舞台でのデビューが決定、更にその相手が元横綱の曙であることを発表。この破格の待遇に期待の大きさが窺える。さらに体重を189kgまで増量し、今までは丸坊主がそのまま伸びたような新人らしい髪型だったがデビューに向けて大金星を狙えるようにと金髪のパンチパーマというヘアスタイルにした。

デビュー戦では、曙の巨体を投げきるなど奮闘。その甲斐もあってか、翌日の会見では武藤敬司と組んで世界最強タッグ決定リーグ戦への出場が発表された。デビュー直後の抜擢は1992年大会の秋山準と並び異例の早さである。

11月16日の台湾大会では、ランニングボディ・プレスで早くも先輩荒谷望誉からプロ初勝利をあげる。

最強タッグが始まる前まではタッグマッチの経験がまったくなく、全敗も予想されたが、3勝4敗・勝ち点6の成績を残した。その1勝の中には師匠であるカズ・ハヤシからフォールを奪う活躍も見せた。敗れた試合でも先輩選手達から後1歩のところまで苦しめるなど、圧倒的なインパクトと存在感を残した。

2009年3月14日の両国大会ではデビュー戦の相手を務めた曙とタッグを結成しゾディアック&ジョー・ドーリングの「ブードゥータワーズ」と対戦、VOODOO-MURDERSによる度重なる反則に苦しめられ惨敗を喫する。

4月にはチャンピオン・カーニバルに参戦、開幕戦ではゾディアックを新技「リョウタハマー」で下し、さらに太陽ケアにも勝利し、2勝3敗でチャンピオン・カーニバルを終えた。

2009年9月23日、後楽園ホールにて曙とタッグを組み、鈴木みのる&NOSAWA論外組を破り、第82代アジアタッグ王座を獲得。そして12月10日、プロレス大賞・最優秀タッグチーム賞と新人賞を受賞。17日には曙とのタッグチーム名を「SMOP」(スーパー・メガトン・オオズモウ・パワーズ)にすることを発表した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。