お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

多久潤一朗



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

多久 潤一朗(たく じゅんいちろう、1981年3月31日 - )は日本のフルート奏者、作曲家。

無数のオリジナル奏法と自由な発想により従来のコンサートのイメージを一新させるパフォーマンスを行う。

次世代型フルートトリオ『MAGNUMTRIO』のリーダーとしては国内は元よりイギリス、カナダ、韓国、アメリカその他国外の音楽祭からも出演要請を多数受け、各地で招待公演を行っている。

自作自演のスタイルを活動の軸とし、作曲、台本、演出、DTM打ち込み、画像、映像処理など何でもこなす。演奏家としてはクラシック音楽を軸に、オーケストラ、吹奏楽、現代音楽やCM、TVなどのスタジオワークなどが多いが、たまにジャズ、ロック業界にも顔を出す。


TV、CM音楽などのスタジオワークも数多く行っており、大河ドラマ「おんな城主 直虎」、映画「海街diary」NHK朝ドラ「ごちそうさん」など菅野よう子氏が音楽を手がける作品に多数参加している。

各国の民族楽器も演奏し、アニメ「ユーリ!!! on ICE」やゲーム「スーパーマリオ オデッセイ」ではフルート、ピッコロに加えバーンスリ、ティンホイッスル他様々な民族笛をも演奏している。先年ヒットした映画「のだめカンタービレ」では首席フルートを担当、後日 日本武道館で行われたコンサートではフルート奏者兼ラプソディー・イン・ブルーのピアニカソリストをも兼任した。また「おかあさんといっしょ」、「いないいないばぁ」等教育系番組の録音をも行っている。

埼玉県立伊奈学園総合高等学校、東京藝術大学器楽科卒業。フルートを木ノ脇道元、金昌国、佐久間由美子、竹澤栄祐に師事。次世代型フルートアンサンブル「マグナムトリオ」、現代音楽アンサンブルEnsemble FOVE、Ensemble contemporary α、斎藤和志とのデュオマゼルナキケン、木ノ脇道元主宰のフルートカルテットNOZZLES、ジャズフルーティスト坂上領、ピアニスト阿部篤志とのトレス・ソプロスメンバー。日本クラシック音楽コンクールフルート部門全国大会優勝。

作曲は独学による。これまでに民族楽器オーケストラのための『地球管弦楽』、フルートコンベンションOP曲『to the sea』、新国立美術館オルセー美術館展テーマ、CM曲『アイリスウェイブスII』始め作曲多数。

フルート独奏曲『虹』は日本木管コンクールの選択課題曲になっている。


活動歴

  • 2004年、大学在学中、自作自演のパフォーマンスがフジテレビ『ポンキッキーズ21』にて放映される。
  • 2006年、フルートトリオ「マグナムトリオ」を結成。
  • 2007年、「マグナムトリオ」全国公演に加え韓国にて公演。
  • 札幌フルートコンベンションにて自作のフルート協奏曲が神田勇哉と札幌フルート協会オーケストラによって演奏される。
  • 2008年、サントリーホール 大ホールにて新日本フィルハーモニー管弦楽団と伊藤聖子作曲のフルート協奏曲を共演。
  • オペラシティリサイタルホールにて微分音音楽を扱ったコンサートを企画。作曲、演奏も含め数々の現代音楽や民族音楽を大編成のアンサンブルにて演奏。
  • 2009年、マグナムトリオ全国ツアー開催

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。